<

メイン

2012年02月12日

スイッチ ON! «  しごと »

20120212000.JPG


すももの剪定始まりました


柿作業の片付けも済み

剪定モードに入りました


仕事が変わるとなかなか

軌道にのるまでに少々時間がかかります

剪定方法も毎年一からのようなものです… (p_-)

木々も千差万別

自由に伸び放題です

まだ、見上げては溜息状態ですが

収穫をイメージして

太陽が当たるように

基本のイメージを描き

答えの無い会話を繰り返しながら

剪定、スイッチ ONです!

2012年01月29日

干し柿作りに3カ月 «  しごと »

20120129000.JPG


柿むき作業が始まってから約3カ月

ようやく終了を迎えます


12月は忙しさに追われ

慌ただしく 出来上がりを待ちながらの

出荷作業でした

親戚のおばさんにお手伝いいただきながら

農産加工品ということで

天候や干し加減などで

仕上がりにもムラがあり

心配と悩みの毎日でした…


よそ様からみれば

農業のプロのように思われがちですが

とんでもないことで

現実は不安だらけです

剪定が始まれば

気分も仕切り直して

また今年の収穫へのスタートです

2011年12月10日

今年の芳果園便り «  しごと »

今年の芳果園便りは

「シロ」の写真で愛らしく

当園を盛り上げてくれています


そろそろ西洋梨「ル・レクチェ」の発送始りました

右往左往の毎日ですが

もう少し早送りもスピードアップに…

今年の西洋梨はどうも

表皮が粗く 固めの感じです

例年より完熟は遅くなりそうです


柿はハザ下ろしも始まり

ヘタ切り、乾燥、粉出し、柿もみと

何から手をつけたらいいのやら

こんなこともできるのも

そろそろ潮時かも知れませんね?!  \(◎o◎)/!

2011年12月03日

緊張の扉 «  しごと »

リンゴから果物の発送が始まりました!


今年はリンゴは美味しく仕上がりました

西洋梨は例年より遅めの感じです

柿は…まだ手がつけられません


主に、総勢 園主と二人で

このひと月間を駆けぬけます


緊張の扉が開きました…

2011年11月29日

H23・11月作業日誌 «  しごと »

11月19日 柿むき終了

20日 21日 柿むきの片付け

22日から28日 りんご「ふじ」の収穫

28日 29日 りんごの選別

30日から発送予定です

お待たせ致しました…

2011年11月26日

重要な事 «  しごと »

下伊那の干し柿・リンゴは不検出


県は25日、

下伊那地方5市町村の農家が

軒先などで作った特産の干し柿「市田柿」5点と

下伊那郡豊丘村露地栽培のリンゴ「ふじ」を

検出した結果、

いずれも放射性物質(放射性ヨウ素とセシウム)は

検出されなかったと発表されました。


検査した市田柿の産地は

飯田市と、同郡の高森町、豊丘村

下条村、喬木村。

全て22日に採取し、

日本食品分析センター(東京)で調べられました。


…信濃毎日新聞 本日付けより…

2011年11月21日

この柿と この柿 «  しごと »

柿むきの片付けもほぼ終了 \(~o~)/


20111121000.JPG


20111121001.JPG


この柿とこの柿

最初と最後に剥いたものです

約20日違えば

最初の柿は ハザ下ろしに入り

粉だしの準備に入りたいところです…

当園はリンゴの収穫に入りますので

しばらく お預けですが

毎日 4か所の柿干し場を回りながら

それぞれの変化に気を配ります


同じように手をかけても

各干し場所、各年

なかなか統一に出来ることはありません 

が、

自分が柿だったらと考えることにしました

この勘ピュータ―も当てにならない時が多いですが

柿を励ましながら

柿に悟ってもらえるように語りかけ一巡します

気休めかも知れませんが

滑稽な姿でしょうね


それでも この柿とこの柿

目から離せないのです!!

2011年11月19日

柿むき終了!! «  しごと »

本日、柿むき予定通り終わりました


今年は新しいハウスと

昨年までの干し場 計4か所に干しました

量的にはほぼ例年並みです


柿むき機も 昨年今年と

吸引式に変え

二台をフル回転とまではいきませんが

助っ人ありの時は大活躍でした


途中、ハウスの干し場作りや

体調を崩したりとで

どうなることかと心配致しましたが

とりあえず、第一関門クリアです!


秋の風物詩の柿すだれも

あちらこちらで見受けられましたが

初冬を迎えるこれからは

段々と少なくなっていきます


追熟中の西洋梨ルレクチェも

柿むきが終わるころ

今年も察したかのように 

香りが出て参りました


リンゴふじも

そろそろ収穫を迎えます

しばらくご無沙汰ですが

どんな感じに仕上がっているのか

気持ちは次への心配が始まりました…

2011年11月11日

ハウス・・段々と «  しごと »

冷たい雨の一日

息子たちの心強い助っ人に励まされながら

ハウス内 ぼつぼつと

枠組み作りが進んでいます

20111111000.JPG

11月9日 午前


20111111001.JPG

11月9日 午後


20111111002.JPG

11月11日

・・・・・・・・・・

近所でも同じハウスを

建てられた方は もうすでに

柿を干し始めています

ハウスの同期…う~~ン  (p_-)


梨の棚で使用したパイプ 

再利用できると思えば

盗難にあってしまったり

雨がハウス内に浸み込んでしまったり

ハプニングの中での作業ですが

当園はマイペースでやるしかありませんので

今日は雨の下

病み上がりの園主と

疲れ果てた私

息子の助っ人と三人

ハウス内の枠組みに精を出しています

2011年11月04日

土俵際のハウス «  しごと »

20111104000.jpg

今年のカレンダーも

残りさみしくなってきました


当園 ただ今柿むきの真っ最中

明日から いつもお世話になっている

親戚の

おばさんが手伝いに見えてくれます

やっと本格稼働です

頑張っていますが、やはり手間仕事

なかなか はかどらないのが現状です!


先月28日にハウスが出来上がりました

まだ中の枠組みなどはこれからですので

今年間に合うかな?なんて

さみしい冗談言ってますが…


梨も切ってしまい

草の管理だけとなっていた畑が

こうして甦ったことはとても嬉しいことです


限られた柿むき期間に

何とか間に合わせて

柿すだれで賑わいたいものです!!

2011年10月29日

一気に柿むき… «  しごと »

20111029000.JPG

心の準備もままならないまま

一気に柿むきに突入しました!


今年はハウスも新しく建て

ゆったりとした干し場で

干し柿を作れたらと思っております


針穴なしの

柿むき機ももう一台今年も購入し

意気込みと気合いは整いました!


手数のいる仕事ですが

今のところは、主に園主と二人

頑張っております


20111029001.JPG

伊那谷の秋の風物詩の柿すだれ

そろそろ、あちこちで見られます

ハウス内での仕事は

暑ささえ感じますが

これから11月半ばまで

封印のヘルプとギブアップを道連れに

一気に柿むきが続きます…  。o○

2011年10月26日

H23・10月作業日誌 «  しごと »

9月末、梨終了と同時に臼井 外袋

10月3日~10日  公園裏 外袋

10月11日~13日  西洋梨収穫

10月14日  臼井 内袋終了

10月15日  西洋梨計量

10月16日~20日  内袋  PM 臼井網張り

10月21日~公園裏 網張り 反射シート

10月25日PM  柿採り開始

柿のじょうもんが多く

早めの収穫ということで

片付けなどは随時行いながら

当園としては、早い開始の

柿むき作業に入りました

2011年10月12日

予定変更 «  しごと »

リンゴの外袋もとれ

内袋をはずす予定でしたが

西洋梨の落下が目立ち

急きょ、西洋梨の収穫に変更

と言っても2,3日で終わりますが…


新たな可能性でも発見できれば

嬉しいんですが

作物の生育には毎年悩まされます

最適な生育環境にぴったりのような年には

なかなか巡り合えません!! (・へ・)


20111012000.JPG

今年は湿度と温度が

アンバランスだったのでしょうか

ひどい日焼けなのか

強いサビ果なのか

多く見受けられます…


今日の新聞には

天然キノコの不作が報じられていました

8月上中旬は県内ほぼ全域

平均気温20度台

8月20日前後は

一気に10度台に冷え込み

数日後には再び20度台半ばに上昇など

気温の乱高下の繰り返しに

腐ったり、虫に食われてしまった・・と分析されています

防除もできない全くの自然ですから

まともに影響が出てきてしまいますね


果樹も病害虫などは

ある程度防除できますが

天候不順などには

お手上げの状態です

これから温度管理をしながら

約40から50日の

追熟期間に入ります

2011年09月29日

すこしでも早めに… «  しごと »

20110929000.JPG


梨の収穫も終わり

リンゴの除袋に入りました


しばらくぶりに訪れる畑は

いつも草に覆われ、

園主は草刈りから始まります

二度に分けての除袋は

手数のみ…  

早送りで仕事ができたら嬉しいのに!

っていつも思いますが…

外袋をはずすと赤い袋が一面に

この様変わりを楽しみながら

少しでも早めに

秋の景色の変化に彩りを添えていきます…

2011年09月26日

梨、収穫納め «  しごと »

20110922000.JPG

朝晩、めっきり涼しくなりました

”暑さ寒さも彼岸まで”とは

正にその通りですね。


約2カ月間の梨採りも終盤です

柿もほんのり色付き始め

ふじ(リンゴ)の手入れもそろそろです

辺りの田んぼも稲ハザが立ち並び

一気に秋を感じます…


盆前から始まった梨の収穫も

いよいよ最終です…

今年は大震災後

暗いニュースばかりで

気分的にも自分のことばかり考えて

いられる年ではありませんでした

が、気持ちは次に向けて

頑張らないと…


今年は凍霜害も少なく

例年に近い収穫ができました

感謝です!!  

ありがとうございました m(__)m

2011年09月14日

てんやわんやです! «  しごと »

20110914000.JPG


豊水梨の収穫、出荷の真っ最中です!

暑いのは梨には

有り難いものです

盆前から始まった収穫も

こおろぎの声に秋を感じながら

もう ひと頑張りです


新鮮な果物を

お届けしたい一心で

梨の収穫に励んでおります

9月末まで続きます…


元気のない野菜畑も

雑草だらけの畑に手こずりながら

玉ねぎの種も蒔いたり

大根の種蒔きの準備も

白菜の苗もいただき定植と

小さな家庭菜園も

いつも、てんやわんやです!

2011年08月26日

新装オープン «  しごと »

怠けかけていた気分に

喝を入れられたような (^_^;)

今こそ 頑張り時…

そんな気持ちで新装オープン致しました m(__)m

無人販売所です!!


20110826000.JPG


息子の先輩のご厚意で

本職、本領発揮で作っていただきました

無人販売所です

檜の香りがして

森林浴の中にいるようです

梨園の端に設置していましたが

一昨年 梨を切り

昨年は何となく 気分も⇘傾き始めておりましたが

気合いを入れてのオープンとなりました


20110826001.JPG


今年の梨はズルズルと

盛りを待ちながら終了のような

どうも 小玉のためか少ないようです


20110826002.JPG


小玉3個入り \100円です

整然と並ぶ 梨…

お持ち帰りも少ない感じです…(^_-)-☆

ありがとうございます

2011年08月20日

梨の旬 «  しごと »

20110820000.JPG


梨も本格的になります

今年は果樹全般に遅れ気味です

生育も芳しくいきませんが

今月いっぱいを目どに

幸水梨の収穫です!!


二年続きの凍霜害を思えば

梨の木に梨が実りました

当たり前のことがとても嬉しいです

何時、何が起こるか分からない

時世ですが

迷走している「旬の味」

今、食することができるものを

味わっていただけたら幸いです…

2011年08月11日

梨の出荷 «  しごと »

20110811000.JPG

盆前出荷の選果風景です

今年は 例年に増して

玉伸びが大変悪いです


桃なども遅れているので

そんな理由もあると思いますが

視界不良の世の中

小さくても、収穫出来ることに感謝です!


ありがとうございます!!

2011年08月08日

梨の収穫 «  しごと »

20110808000.JPG

盆前の梨の収穫が始まりました

今年は全体に遅れ気味ですが

ジベレリン処理(発育促進)分を収穫しました


本格的には盆後になりますが

いよいよ、梨の旬に入ります!


「今年はどうですか?」と

よく尋ねられますが

程よい甘さとみずみずしさが

良い加減に注入できたら嬉しいですが

自然のでき具合を

楽しんでいただけたら幸いです… (^・^)

2011年07月31日

網張り! «  しごと »

20110731000.JPG
   (網張りの途中)

今日は二年ぶりの家の周りの幸水梨の網張りをしました

今年は生育が三日ほど遅れているようです

が、鳥は美味しそうなのを見つけては

早速 味見です!


昨年は網張りの必要もないほど

実がつきませんでしたが

今年は梨畑らしくなってきました


不安定な天気が続きますが

収穫に向けて

いよいよ最終段階です

2011年07月25日

袋かけ ゴ~~ル!! «  しごと »

20110725000.JPG


風も涼しげなこの頃

ちょっと気温が低いだけでも

とても楽ですね・・・


リンゴの袋かけ、本日終了しました

無袋なら費用も手間もかかりませんが

標高が低いので

どうしても色付きが悪くなってしまいますので

毎年、この作業が欠かせません (暑っ!)

ひと仕事終えた時の安ど感! 最高!!

どこか遊びに出かけたい・・・

野菜の手入れもしたい・・・

あぁ! でも今日の午後は新盆の打ち合わせ


"今日は 袋かけ ゴ~~ル!!

昨年より5日早くのゴ~~ルです

上手く決まりましたね (^_-)-☆ "


2011年07月15日

りんごの摘果 «  しごと »

20110715000.JPG


リンゴ「ふじ」の摘果作業

今年は一か所の臼井原のリンゴが

サビが多く、すでに小玉傾向です

昨年もその傾向でした

が、今年の方が悪い感じです


リンゴの摘果作業、本日終了

続いて 袋かけです

2011年07月08日

山積みの仕事 «  しごと »

20110708000.JPG


昨年のこの山積みの仕事

スモモの荷造りを母が一緒に

手伝ってくれていました。

本当に最後の仕事になってしまったけれど

今年はそんな姿を思い出しながら

園主と二人、何とかできそうなところまできました


収量は昨年の半分以下

サイズを計りながら

パックへ詰め8パックで1箱になります

手間のかかる仕事ですが

スモモが始まると

収穫がだんだんと続いていきます


いつもスモモの山積みを見ては

こつこつやっていけば

何とかなると思いながら

仕事に励まされてしまいます


四十九日の法要も間近

少しずつ前へ進んでいます…

2011年06月22日

二十世紀梨の袋かけ «  しごと »

20110622000.JPG

二十世紀梨・・・

現在は幸水、豊水などの

甘みの強い赤梨系が喜ばれるようになり

二十世紀梨の人気も薄れてきました

手入れも小袋掛け

その上に大袋掛けとふた手間かけ

当園もそろそろ 事業仕分け分に入りたいところですが…


現在は面積も減りましたが

昨年は義母が一人で

袋をかけてくれました

梨作りはこの二十世紀梨から

当園は始まったようです

名前のように時代と共に

移り変わっていくのでしょうか


手間暇かけて、畑に足を運び

地道な作業が家族を支えてくれていたことを

忘れないように次を見据えていかなければと

袋をかけ終え

義父母たちの原点を

少しでも守っていくことも

ささやかな孝行かもしれない

そんな思いの袋かけでした…

2011年06月07日

仕事も稼働に «  しごと »

20110607000.JPG

スモモの摘果作業が始まりました

仕事中、近所の方が

『今年は低温障害で柿が少ない!』と

血相変えて?畑に見にきました

この辺は いくらか少なめの様子くらいに感じます

産地全体は実際には定かではありませんが…


それよりもスモモがとても少ないですね。

摘果作業は簡単に済ませられそうです…(^'^)


次は幸水 豊水 西洋梨 リンゴと待ってますから

けっこうな早送りが必要となって参りました (^_^;)


父母の働きの有り難さを

今更ながら感じて

姿はないけど変わらぬ景色の中で 

勤しんでおります。。。。。

2011年04月29日

受粉状況 (H23) «  しごと »

20110429000.JPG

今年の受粉は平年並みの遅めでした

4月21日、22日、24日 豊水受粉

24日 二十世紀受粉

26日から29日 幸水受粉

27日 西洋梨受粉

りんご 5月2日の予定


昨年、一昨年は特別受粉が早く

凍霜被害に遭いましたが

今年は今のところその心配はありません

2011年04月14日

花採り始まる «  しごと »

20110414000.JPG

今年は昨年より約十日遅れで

受粉樹、ヤーリーの花採りが始まりました。

桜の花は満開

桃の花も咲きだしました。

どんな年になるのか

そんなことは考えないで

今、することをやっていきます。


一昨年、昨年が

どちらかと言えば早すぎたので

今年は平年並みといえそうです

試練はつきものと思って

心なしか物静かに咲く花を摘む作業 

受粉まで続きます。

2011年03月24日

今年の果樹仕分け «  しごと »

20110324000.JPG

数年後を見定めながら

今年は、小梅10本

スモモ5本を植える


西洋梨コミス、一か所廃園に

棚の必要な梨類は

だんだんと縮小していく予定です

2011年02月05日

やっぱり 悩む剪定! «  しごと »

20110205000.JPG


柿の剪定講習会に参加させていただき

学んではみるものの

なかなか 思うようにできないのが現実


日当たりよくを念頭に

大きな樹の盆栽のように描きながら

剪定したはずなのに

収穫の頃になると

全くの様変わりに仰天! (?_?)


考えても考えなくても

こうなれば、思いっきりよく

自分の描くままに

バサ‼ バサ‼ っと

剪定してみます!

これが 毎年の

悩む剪定のスタートです。

2011年01月31日

市田柿、終了です! «  しごと »

柿むきから3カ月

最後の出荷を終えました。

この地の特産品として

今や 大人気!


当園も大勢の皆様にご愛顧いただき

ありがとうございました m(__)m


時代も変われば

この市田柿も

たいへん高価なイメージになりました。

個包装の商品や

加工されて、新しい形の

お菓子や料理の具材など

バラエティに富み様変わりもして参りましたが

やはり 自然の作りあげた絶品なお菓子

そのままを まず味わっていただきたい

そんな思いでおります!


20110131000.JPG


市田柿で賑わった地元の市場も

数件の出荷となりました。

そろそろ剪定も始めなければ

すでに蕾も冬の寒さに耐えながら

春を待ちわびております。

また、始まりです!

2011年01月03日

正月三が日 «  しごと »

20110103000.JPG

市田柿の粉だし、柿もみ中

各家によって製法は違いますが

2~5回、この機械に

一回数分から15分間回します。


シワが伸びてもち肌のように

コロコロ転がってまぁるくなあれ!

それって 柿のこと…

そりゃ、自分だってそうありたいけど

今は 柿が一番…


静かな正月三が日

元日から

当園は柿もみ機の音が…♫

柿に正月はないんだな!!  (^◇^)

2010年12月09日

ル・レクチェ…発送 «  しごと »

西洋梨 「ル・レクチェ」の発送始りました

今年はひと畑止めましたので

3割ほど少なくなりました。


出来具合は

表皮が粗めの感じが多いです。 m(__)m

4月の凍霜害だと思われます

また、夏の猛暑で日焼けも見られます。


約40日ほどの追熟期間も

何とか無事通過できました

味は例年より少し

さっぱりしている感じが致します

さて、いかがでしょうか…


市田柿も同時に

柿のれんから下ろしだしています。

仕上がりまで幾通りもの

工程を経て出来上がっていきます。

まだまだ…続きます…

私の走り… (゜゜)~

2010年12月05日

お届け中です!! «  しごと »

「ふじ」贈答も一週間をめどに

発送中です!

毎年、何か問題点はありますが

今年は、何しろ小さいです。


カメムシの発生で散々なところもあるようですが

当園は南信州でも標高が低いところに

位置しますので、色付きも悪いため

袋を掛けていますので

カメムシは免れましたが

鳥、夜蛾の被害は多めですね。


蜜もしっかり入り

味は大変美味しく仕上がりました。

お楽しみ下さい! (^u^)

2010年12月01日

発送、始まります! «  しごと »

20101201000.JPG


「ふじ」の収穫

今年は11月23日から29日まで。

選別も済ませ

いよいよ、発送できるまでに整いました。

収穫前より

小玉と病害虫、夏の高温で

減収が心配されておりました。

当園も開闢以来の粒揃いとなりました。 (^_^;)

大玉が大変少ない状態です。


味は大変おいしく仕上がりました。

発送が始まりますが

一番、心配な時でもあります!

頑張っている気持と一緒に

味わっていただけたらと思っております。

2010年11月05日

柿むき «  しごと »

20101105000.JPG


いよいよ本格的に始まりました。

今年は、全自動吸引式皮むき機

”Qちゃん”を購入し

ヘタ処理ーアルコール消毒ー吸着ー皮むきー放出と

一体式のロボットのようです。


今までの針の刺し穴からの

カビ防止もでき

柿をカップに置くだけの作業です。


干すのは今までと同じ工程ですが

干し柿作りの金メダル目指して

ひたすら

11月半ばまで走ります…

2010年10月27日

いよいよ… 柿採りです! «  しごと »

20101027000.JPG


特産の市田柿作りの始まりです

リンゴの網張りも簡単に済ませ

柿の収穫が始まりました


柿むきは、11月から

本格的になります


今年は柿に針穴のつかない

新しい柿むき機を購入し

毎年、針穴のカビの心配がありましたが

今年はいくらか軽減されそうです


ただ、介護の母を抱えながら

どう乗り切ろうかと

気の重いスタートです…

2010年10月24日

『ふじ』除袋終わる «  しごと »

14日、外袋の除袋終了

16、17日 ル・レクチェ収穫

18日より内袋の除袋が始まり、本日終了!


病害虫(カメ虫)の被害が多く

猛暑のためか日焼け果が多い

小玉傾向で一カ月後の収穫を待ちます。


天気予報も今週は雨が多くなりそうなので

合間をみて網を張り

少しでも鳥害を減らしたいところです!

2010年10月02日

「ふじ」除袋始まる «  しごと »

20101002000.JPG


りんご「ふじ」の除袋始まりました。

例年のように二重袋のため

二回に分けて日焼けしないように外します


今年は、仲間情報でも

たいへん小玉傾向で悩んでいます。

当園も小玉が多いですね

やっぱり、世並み…です。

上手く色付いて

蜜入りになってくれればと願っております。


柿も色付き始め

10月も一気に走りだしました!

2010年09月27日

嫌いな仕事 «  しごと »

20100927000.JPG


梨畑に張ってあった

防鳥網の片付けです

高いところは苦手だし

無い力を振り絞って

まとめるのは大変…

一番嫌いな仕事。。。(;_:)

あぁ! 早く終われ!!~~

2010年09月23日

どしゃぶりの雨の中で «  しごと »

20100923000.JPG


長い残暑でしたが

今日は雷をともなう強い雨の一日

豊水梨収穫、本日最終日…


どしゃぶりの雨にたたかれ

雷が轟々と響き渡り

昼食前、PM3時に採り終えました。


人生の修羅場のような

2か月間でしたが

明後日、義父の四十九日忌を迎え

法要を営みます。

梨の収穫の終わりを待っていてくれたようです!

2010年09月17日

開店休業でしたが… «  しごと »

20100917000.JPG


始めは勇んで開店した

マイ無人販売所!


梨の減収と

家庭の事情、

この夏の暑さで、ほぼ開店休業中・・(=_=)

こんな年こそ頑張りたかったのですが

ラストに向けての ひと踏ん張り

10日間、開けますね!

2010年09月07日

豊水収穫始りました «  しごと »

20100907000.JPG


この防霜ファンのお陰で

いくらかでも被害が少なくて済みました。

当園は取り付けて20年近くなるかな?

一年中でホンの数日間だけど

設定温度より低くなると稼働します。


豊水梨も収穫が始まり

受精が悪いのか小玉気味で

例年よりはかなりの減収になりますが

これから3週間

残暑にへたばらないよう

実りの秋を楽しみます! (^<^)

2010年09月03日

豊水梨始まります! «  しごと »

この異常気象と4月の凍霜害

言うまでもなく

当園の幸水ナシは、例年の2~3割の収量でした。


いつまで続くのか この猛暑

5月末から8月22日までに

熱中症で緊急搬送された人数は

4万人を超えているという! 

家畜も暑さでダウン気味

野菜は品不足で価格高騰

果樹ももちろん

開花時期からの着果不足や

梅雨明けの高温の影響

また、害虫の多発など

気象変動に全てが翻弄されている状況です。


5日より豊水梨の収穫が始まります。

ひと雨も欲しいところ

でも暑さも梨には有り難い…

都合のいいわがままを言いながら

約3週間の梨採り突入です!!

2010年07月25日

明と暗 «  しごと »

20100725000.JPG


20100725001.JPG


同じ幸水梨でも

畑でまったくの差が出ました。

家の周りはほとんど皆無状態

離れた畑は 防霜ファンを設置してあることもありますが

ほぼ例年通りになりそうです。

梨の生育と共に明暗がはっきりしてきました。

仕上げ摘果を済ませ

収穫を待ちます。

2010年07月14日

りんご袋かけ! «  しごと »

20100714000.JPG

りんご「ふじ」の袋かけ

今年は10日から始まる

カメ虫の発生も懸念され

霜の害も見られ

どんな 出来栄えで秋が迎えられるか

期待半分で作業中です。



また、今月3日頃から

父が歩かなくなり

介護しながら

暑い夏の真っただ中を奮闘中です!

2010年06月24日

西洋梨袋かけ始まる «  しごと »

20100624000.JPG


24日から、西洋梨の袋かけ始まりました。

ほぼ昨年と同じ時期開始となりましたが

スモモの収穫など

果実の生育は遅れ目です!

途中、スモモの収穫をはさんで

袋かけ… 頑張ります!!

2010年06月22日

がんばらまい会 «  しごと »

20100622000.JPG


果樹組合の婦人部で

今年から”がんばらまい会”ということで

毎月一回、仲間の園をお借りして

その時期の管理作業をご指導いただきます。


新梢の手入れ

余分なものは欠き、

必要なものは、来年のために引いておく!

柿は・・・

桃は・・・

りんごは・・・


・・・・・・・・・・

「仕事ばっかじゃない!」 (^◇^)

「そんなこと、やっとる!」  (^○^)

「まだ、摘果もできてないし…!」  (^_^;) 

「第一、梨がなってない!」  (^-^)   

「暑くなるし…!」   (~o~)


それぞれの園の様子や

仕事の進み具合

和気あいあいに聞きたいことは聞いて

勉強会終了!

「がんばらまいな!!」  (*^^)v

20100622001.JPG


夜は家族で、がんばらまい会

焼き肉ともんじゃ焼きを楽しむ

2010年06月17日

予想と現実 «  しごと »

剪定作業では、しっかり枝を落として

日当たり良好をイメージして

挑戦したわけなのですが…


20100617000.JPG


ご覧の通りのジャングルに

なってしまいました。

まさか こんなになっているとは

想定外の出来事でした。


リンゴの摘果作業もそろそろ終わりますが

学んでは考え、迷宮入りしては

予想の姿と現実の姿の違いに (@_@) (?_?)

これもひとつの進歩と思って

前向き思考で… ✌

2010年04月26日

当園の事業仕分け始まる «  しごと »

当園の
感謝と涙の事業仕分けが始まりました。

 

003

約50本の西洋ナシの木

花が満開を過ぎ散り始めました。

 

011

夕方には8割枝を切り落としました。

枝はチップにして土に戻します

太い幹は予約済みで燃料になります。

棚は資源として片付けられます。

 

・・・・・・・・・・・・・

労力減少と介護…

現状維持もだんだんと大変になり

西洋梨園を一か所廃園という

圃場の縮減に

苦渋の決断を致しました。 (T_T)

 

共に歩んだ樹を切り、梨棚を片付けることは

寂寞の思いです! …が、

新しい畑に戻します。

赤土の畑ですので野菜など作れば

甘みがあってとても美味しいです!

放置すれば ただの荒れ地に…

再生に向けて、

野菜学習農園でも、挑戦農園でも

何かに利用できたらと

できもしない夢を描きながら

せめてもの罪滅ぼしの気持ちで

事業仕分け、実行中です!!

2010年04月25日

案じの病 «  しごと »

昨夕方6時頃11℃から

約1℃くらいずつ気温が下がり

0時には4℃でしたが

たちまち2℃に下がり

今朝5時半にはー1.5℃を確認…

…0時ころまでは1℃、それから日の出まで0.5℃位

気温が下がる見当で霜に注意しております。…

 

この竜丘地域は飯田下伊那圏内では

比較的標高も低く暖かい方ですが

かなり冷え込んだ様子です。

まだ花も残っている状態で

昨年の幼果が凍った状態とは

違いますので、大きな被害はまだわかりません。

上飯田地域は花盛りですが

真っ白に霜が降りたそうです。

2010年04月21日

今年の受粉状況 «  しごと »

002

 

豊水梨、13,14日

幸水梨、17、18日、19日

20日は雨のため休み

西洋ナシ、21日

リンゴふじは、まだ蕾の状態で開花がちらほら

天気は下り坂のため受粉はもう少し伸びそう!

 

昨年は西洋ナシが先で

幸水梨が後でした。

 

今月の満月は28日

そろそろ寒気が来るのではと心配が始まりました。

2010年04月18日

リンゴの花 «  しごと »

002

りんご『ふじ』の花 (本日撮影)

昨年は幸水梨に続いて4月20日に受粉でした。

今年は、この不安定な気候の中ですが

開花の日も間近に迫ってきました。

 

20日ころから天気も下り坂という予報

リンゴの受粉は

雨上がりを待つことになりそうです。

 

・・・・・・・・・・

幸水梨は本日受粉しました。

腋花芽は開花が遅いので、もう一回したいところです。

昨日の雪には心配しましたが

一生懸命、咲いています!! ❀

2010年04月17日

朝! びっくり!! «  しごと »

001

今朝の雪にはびっくり!

記録にも、記憶にも残ってしまいそう! ('_')

 

002

 

受粉の最中は特に天気予報と睨めっこ

こんな形で受粉が遅れていくのも心配…

咲きだした幸水梨の花も

今朝は雪に覆われ

季節は一変して冬の朝 ((+_+))

 

一般的に朝方にかけて1時間に1℃、気温が下がっていくそうです。

日の出前が一番寒くなりやすく

防霜ファンのついている園は まだいいのですが

ない園もありますし、霜の道もあります

昨年4月28日、時間も長かったのでしょう

幼果が凍りつき

1年に一度の収穫が無残にも一緒に凍りついてしまいました。

 

花のバトンは リンゴ、柿とまだ続きます。

何とか逃げ切りたいものですが…

2010年04月14日

今年の受粉状況… «  しごと »

003

思うようには待っていてくれませんでした

豊水梨の花・・・

昨年、12、13日

今年、13、14日

一日遅れの受粉となりました。

 

7,8年くらい前までは 近所の方にお願いして

総勢8名くらいで受粉しておりましたが

いよいよ当園も今年は園主と二人のみ

たまに、見かけるミツバチに励まされながら

花から花へと飛び交います・・・(^・^)

2010年04月07日

今年の花とり情報 «  しごと »

011

(7日朝撮影)

 

少しでも受粉の花の開花が

遅くなって欲しいという願いもむなしく

昨年と同じ6日から受粉樹ヤーリーの花とりが始まりました。

そうなると、当園では一番早い豊水梨の受粉

一昨年は16日

昨年は12,13日…

今年も昨年と同じころが予想されます

 

 

このところ花冷えのように寒く

4月の三寒四温は

タイミングによっては

果樹の命取りといっても過言ではありません (;_:)

昨年4月28日の凍霜害の不安が甦ります

・・・・・・・・・ ((+_+))

2010年03月19日

蕾も膨らんで! «  しごと »

002

あたたかさに誘われて

蕾もこんなに膨らんできました。

豊水梨の蕾です!

 

剪定作業もピッチをあげて必死の追い込みです

早い春は、霜の心配も多くなります

昨年の一夜の悪夢が思い出されますが

この蕾たちが、実りの秋を迎えるまで

ただただ、祈る毎日です… (^-^)

2010年03月09日

雪の中から «  しごと »

032

昨日、スモモの防除を終え

暖かい春に誘われて膨らんだ蕾も

今日は雪の中に顔をうずめ

春の冬景色をそっと覗いている

 

桜の開花予想も平年より早めとか

この寒の戻りも過ぎれば

また暖かくなりそうで

昨年の悪夢が甦りながら

果樹の開花へと続きます。

 

剪定作業も短い冬では間に合いそうもなく

いつものことながら

追い込みに励む日々が続きそうです。

2010年03月02日

農業生策… «  しごと »

007

 

昨年植えた梅の木

桃栗三年 柿八年

梅はスイスイ13年…とか

ホントに13年かかっちゃうの? (^_^;)

 

も~ちゃの農業生策

そろそろ果樹園もできる範囲に

狭め始めているところですが

近い将来の年金生活ではどうもままならない様子

生き抜くための策を練ってみました。

 

今年は追加の梅を10本

スモモは枯れてしまったところへ5本

未来を楽しみに植えました。

今までの自分では考えもしなかった新しい挑戦です!

これなら、何とかなるかな?の想定ですが…

 

昨年、植えた梅の木を見ながら

育っていく姿は嬉しいものです。

梅が実るのが楽しみです。

ささやかな農業生策

うめェ話になるのでしょうかね… (^○^)

2010年02月22日

時効 «  しごと »

市田柿の賞味期限の最終が2月22日

やっと肩の荷が下りました。

(^O^)/

2010年02月08日

必殺請負人 «  しごと »

004

 

一に学習! 二に学習!!

今更、こんな言葉が自分の口から出るとは

思ってもいませんでした! (^O^)

 

今日は柿の剪定指導会に出席

他園も回りながら

柿の木も園によって様々

臨機応変にとは この事かと思う

大先輩方の柿の畑もそう大差ない‼

そう思えば楽になる!! m(__)m

 

スモモの剪定が終わったら

当園、最後の一手、またまた必殺請負人登場!(=_=)

(^○^) 柿も「も~ちゃ!!」で…

辞職は致しません! 続投で頑張ります!!

2010年02月04日

まんざらでもない!この仕事… «  しごと »

009

剪定作業、いよいよ本格スタートです…

昨年より、私も剪定デビュー

今年は2年目になります。

野に出でての作業ですが

今は、開放的でとても楽しいですね・・・(^u^)

 

昨日、農家の婦人部勉強会があり

果物の販売環境は、この二年間

非常に厳しい、つらい経営を強いられています。

が、「ピンチはチャンス」だそうです。

よく耳にする言葉です (^_^;)

果樹生産の将来を見通せば明るい希望もあるということです。

経営転換のチャンスでもあり

将来性の高い、採算のあう機敏な取り組みが求められました。

 

いずれにしても時代は厳しく

ここは、粘り強く踏ん張り所 ☀

今は、目の前のスモモの木の剪定を思い出すことが先決‼

ひとつ勉強になったのが

「果」の字・・・

木の上に日がありますね。 (確かに)

と、いうことは

果物がなった時、どこからでも日があたることを

イメージしながら仕立てあげる!

そう思ったら、ちょっとした芸術家のようで

剪定作業も

まんざらでもないなと気をよくしているところです‼ (*^^)v

2010年01月22日

俄か商いそろそろ終盤です! «  しごと »

004

干し柿(市田柿)作業、約3カ月間

そろそろ終盤です!

りんご、西洋ナシ、干し柿と

何とかゴールが見えてきました。

生産、発送、応対、

代役のいない、全てに携わる

総兼務担当もそろそろ降板です・・・

辺りが明るく感じます! (^O^)/

 

今年は産地全体に

干し柿は凍霜害などで減収となり

品薄の状態でした。

年々、温暖化や天候不順などで

四苦八苦の毎日でした

柿が仕上がる前に

自分の方が幾度もダメになりそうでしたが (-_-;)

その辛さも喉元を過ぎ

また、秋に向け剪定作業が始まりそうです!

よくしたもんです!! (^v^)

2010年01月04日

余裕が良い物を・・・ «  しごと »

003

 

何しろ、12月は仕事に追われ

一人何役をこなしているのか

自分でも考える暇もなかった。

よく間違わずにできたと感心!!

 

ようやく年も明け

干し柿の様子を見ながら手入れができるようになり

そんな気持ちの余裕が良い物を作りだすのかも・・

 

干し柿作りの難しさは

年々違うということ!

天候、温度、湿度、下ろすタイミング

毎年一年生!

それでも経験の積み重ねを

生かすことができるならと

最後の仕上げを待つ

干し柿作りから学び取りたいものです。

2009年12月18日

雪が来る前に・・・ «  しごと »




土壇場にならないと
なかなかできないことばかり・・・(T_T)

雪が降る前に
リンゴ畑の網を方付けないと
重みで棚も木も潰されてしまうこともあり
気が気ではなかった
天気予報では☃雪の予報が・・
もう先延ばしは禁物

何とか、間に合わせて取り込みを終えることができました。

今年も追われ続けてあと2週間に
収穫を終えた木々たちは
来年に向けて静かに冬を迎えている・・・
「お疲れ様でした!」 

2009年12月16日

市田柿 出荷始まります «  しごと »



「ふじ」 「ル・レクチェ」の発送も
お陰さまに、見通しがついてきました。
これからは本格的に市田柿が始まります。

注文予約受付は終了致しております! 
ご注文ありがとうございました。m(__)m

農産物の加工品ということで
これまた、工場生産のようにはまいりません。
仕上がり干し柿を撮影してみましたが
写真写りの悪いこと! (-_-;)
作り手が悪いようです! (^.^)
が、この時期だけのものとあって
なかなかの人気者です!
味はおいしくて「どうもすいませ~~ん!!」

作り方は、皮を剥いて
干しあがったのから おろし
ホゾを切り、天日に干し
粉だしをしながら仕上げていきます。
細かい分、手間のかかる作業です。
また、自然食品なので
天気によっては戻ってしまったり、
カビの心配など尽きません。

何か良い話はないかと
行きあう方に尋ねてみれば
どなたも不景気な話ばかり~~
今では、不景気自慢に華がさいています! (^○^)

2009年12月10日

西洋ナシ発送中!! «  しごと »



  西洋ナシ「ル・レクチェ」
今年の西洋ナシ ル・レクチェは
例年並みよりやや遅めの追熟となりました。
一気に発送させていただいております。
試行錯誤を繰り返し続けた追熟も
だんだんと寄り添えるようになりました。と、
パンフレットには書かせていただきました。が、
相手故に意思疎通ができない時もあり
毎年寄り添っていきたいものです。 (^u^)

  りんご「ふじ」
荷造りに手間取っておりました。
行きあう農家の方と話せば
今年はどちらも大変だったようで
世相並みの惨憺たるものでした。
味は蜜入りはとてもよく
皆様に喜んでいただいております。 m(__)m

  市田柿
いよいよ本番を迎えます。
これも手怖い相手・・・
気持ちだけは理想の柿作り目指してゴー!!


・・・・・・・・・
それぞれにたくさんの御注文
ありがとうございます!! <m(__)m>
小さな子供さんから
来年の干支寅年96歳になられる方
大勢の皆様にご愛顧いただいております m(__)m
96歳になられるおばあ様は
私の心配までして下さり
頭の下がる思いです!

一つ々に手をかけ
確かめながら発送させていただいておりますが
不行き届きな点もあると思います。
一年にひと月ばかりの俄か商いは
無駄に手こずる毎日です・・・
もう少し頑張る日が続きます!!

2009年12月07日

孤軍奮闘中! «  しごと »



ただ今、大変仕事が混みあっております。
間違いのないよう、園主とふたり
孤軍奮闘中でございます! (^v^)

「ふじ」
ここ南信州 飯田下伊那地方のりんご産地
今年は 大変品質低下のため
品薄となっております。
当園におきましても選外が多く
逃げ出したい時もあります (^◇^)
でも、味はとても美味しいですよ!

「ル・レクチェ」
そろそろ、発送に入ります。
香りがどこからともなく
漂って参ります。
お待たせ致しました! m(__)m

「市田柿」
干しあがり待ちから
仕上げに入ったのからいろいろです。
今年は大玉傾向のため慎重なのですが・・・
後は、天気☀を祈ってます。

・・・・・・・・・
美味しいミカンをいただきながら
我が家の果物たちの実況をお伝え致しました。

2009年12月03日

果物発送状況! «  しごと »



南信州全体に「ふじ」は
天候によるものだと思われますが
ツル割れなどで 物が悪く
大変 あっても不作の状態のようです!

当園も選別に手間取っておりますが
発送させていただいておりますので
よろしくお願い致します。  m(__)m

また、台風、被害果など
ご心配いただきありがとうございます!
こんな時こそ気持ちだけは
頑張りたいのですが・・・(^v^)

2009年11月30日

果樹情報 «  しごと »



昨日、「ふじ」の収穫終わりました!
今日は選別を終え
いよいよ明日から発送始めさせていただきます。
ご注文ありがとうございます。

今年は「あってもない」?!
そんな感じです。選外の多いことには・・(@_@)
狭き門からの発送になります。
味はとても 美味しく仕上がりました! (^-^)
気を取り直して 頑張って荷造り開始です。
お待たせ致しましたぁ!!

2009年11月22日

りんごの収穫始りました «  しごと »



「ふじ」の収穫20日から始まりました。
この時期の不安と緊張
どう、お伝えしたらいいのでしょうか?
リタイアを考える時でもあります。 (^_^;)
胃の痛い毎日が始まりました。

今年は ちまたの噂どおり
大変ものがよくありません!
ツル割れの多さにはびっくり!
色付きが悪く、形、枝ズレ、鳥被害 (T_T)
唯一、味は美味しく仕上がりました。(^v^)

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」
今、ちょうど喉元に停滞中!
今年は少々長引きそうな模様!
リンゴの道祖神様お迎えしなくっちゃ!! (^u^)

2009年11月16日

柿むき終了 «  しごと »



柿むき終了、第一関門クリアです!
今年は 少なめのため
例年より 大きめです。
天候に恵まれることを願っております。

我が家の柿の道祖神様です。
理想の干し柿ができることを願いました。
この笑顔に和まされながら
次のステージに入ります・・・

2009年11月05日

かき回されています!? «  しごと »

柿むき作業に毎日奮闘中!
この時期ほど、時間がもったげないと
切に感じることはありません。

これから12月末まで
りんご、柿、西洋ナシと
”三足の草鞋を履く”?!状態になります。
上手く履き換えながら
”転ばぬ先の杖”で Gamba!!


2009年11月01日

果物情報 «  しごと »



干し柿作りが始まりました。
この時期になると口を揃えたように
「忙しい! お正月まで休みがない!」と言われます。
聞いているだけで慌ただしくなってしまいます。

今年の柿は 4月の凍霜害で
全く実が付かない園も見られます。
場所にもよりますが、減収気味かもしれません
当芳果園は、途中ですが
例年より3割ほどの減収になりそうです! (-"-)

仕上がりも天候に左右されますので
天気予報を見ながら
11月半ば頃まで作業が続きます・・・・・・・

2009年10月21日

果物情報 «  しごと »

リンゴの除袋も終わり
柿の収穫の準備に取り掛かる

今年のリンゴ”ふじ”は
天候の加減でホゾ割れが多く
鳥の被害も例年より早くから多い感じです。

毎年のことながら
心配の毎日がやってきます!

2009年10月09日

3ヶ月前の予感が・・・ «  しごと »

  

 落下した”ふじ”

。。。。。。。。


・・・今年7月9日のも~ちゃのブログより・・・

「よしかわのうけん」の検証 ^m^

今年はエルニーニョ現象発生に伴い
大型台風の恐れが予想されている。
景気も価格も低迷中の中
単純に腰を低くして乗り切ろう!と思う
いくらか当たりが少ないかな?! (^◇^)
とにかく、今年もと期待をしながらの作業です!

勘ピューターも
勘機能も低下気味だけど・・・(ーー;)
常に新しい情報で対処し、豊作の秋を
迎えたいものです・・・・(^v^)


(エルニーニョ)
南米ペルー沿岸を流れるペルー海流に、数年おきに生じる
海水の異変。クリスマスの頃、貿易風が強まる時期に
北太平洋から温かい水が流れ込み海水温度が周囲より 
3~5℃上昇し、さまざまな災害を引き起こす。
米大陸や日本へ異常気象をもたらす原因ともなる。


。。。。。。。。。。。。

このブログちょうど3ヶ月前になります
エルニーニョ現象発生が頭にこびり付いておりました
マイ勘ピューターの予知が
今年は春から異常気象をもたらしているのではという
悪い予感を予測しておりました  (^0_0^)
避けられない現実となってしまいました!

恐る々 畑の見回りに出かけました (+o+)
雨の被害よりも風の被害が多く感じられます。
当園の被害はリンゴ・西洋梨の落下
折れたリンゴの木の倒木

・・・・・
心配していたよりは被害も少なく
早々に片付けを済ませ
除袋の作業に入りました。
これから収穫までは
鳥、病害など気の許せない日が続きます。


大型台風とわかっていても
収穫を早めるわけにもいかないし
どうにもならないこともあり
できる限りを尽くして前へ進むのみのようです!

2009年09月22日

梨の収穫終了しました! «  しごと »

はやし立てられるように
今日で梨の取り入れが終了致しました。\(^o^)/

鳩山首相が気候変動サミットにおいて
温室ガス25%削減を目指す表明をされた。
誰もが感じている地球温暖化・・・(-_-)
果樹の一年をみても
ここ数年の変化は進んでいる感じがします!
自然も動物たちも冬眠し
人も充電しておきたい冬の季節が短く
足早の季節が開花も熟期も早め
全てが早めに流れていきます。


柿もりんごも色付き始め
温かい秋がそこまで来ています・・・・・

2009年09月17日

家庭菜園デビュー・・・ «  しごと »

         大根  9/2種まき   9/17土寄せ

父母の仕事だった
家庭菜園もそろそろバトンタッチの時期に・・・
種まきの時期や苗の植える時期
けっこう知らないことばかりに戸惑っている。
同じデビューでも細やかすぎて苦笑いだけど・・(^ム^)

7月末に苗を買って植えた
プチベェール、キャベツ、ブロッコリー
虫との闘いに悪戦苦闘・・(T_T)
口に入る時がくるのでしょうか・・・(?_?)

9月初めに購入した白菜の苗
美味しくて、作りやすくて、丈夫な苗はどれ?
植える場所作りと植え方は?・・
雨が少なければ水やりと
想定外の問題が次から次へと・・・


今年は9月の2日、大根の種まき
その種の高価なこと
以外と早かった発芽
芽が出たときの感動は久しぶり・・・
これは楽しみと思ったのもつかの間
三日で忘れていた・・・

10日頃、来年の玉ねぎの種を蒔く時期
早すぎてもダメらしい・・・
苗が出来たら秋植え替え
収穫は来春の5月
スピード時代でも変わらないこともあるんだ!(^◇^)

この世界のデビューも面白い!
息抜きの場として
しばらく挑戦してみます・・・(^_^)v

2009年09月07日

豊水出荷始まりました! «  しごと »

豊水も9月に入れば、収穫の時期らしく
緑と黄金色で鮮やかに輝きます!
4月の凍霜害の後遺症も残っておりますが
肉質が軟らかめなので
気を使いながらの作業が続きます。

野菜高騰の陰に果物類
もう少し元気出して欲しいところです! !(^^)!
若い頃 包丁とまな板の要らない時代を
密かに望んでいた私でしたが
包丁とまな板こそが
家族の絆を取り持ってくれました。


食することの有り難さに感謝して
店頭に並ぶ、旬の味覚を
まるかじりでガブっと
または、一個をご家族で分け合って
召し上がっていただけたら幸いです。

2009年08月28日

農業の変! 干し柿の行方・・ «  しごと »

\(◎o◎)/!
飯伊地方特産の「市田柿」
軒先つるさず機械乾燥・・・
農家負担減らし 品質安定図る
・・・・・と、題して

貴重な地域資源の維持
省力化技術を研究するプロジェクトチームが結成され
県農村工業研究所が、
減圧乾燥機で柿を乾燥させる技術の開発担当。
信大工学部では
干し柿の表面に白い糖分をきれいに出す方法の研究。
県南信農業試験場では
良質な干し柿となる果実の選別方法を確立する。
産業機器製造では
皮をより薄くむけるよう自動皮むき機の性能を向上させる。
菓子製造では
新たな加工食品の開発にそれぞれ取り組む。
             ・・8/28 信濃毎日新聞より・・

研究成果の出る2011年以降には
みなみ信州農協出資 農業法人では
機械を導入する方針。。。。。。。


一方では
旧来の皮むき機やゴルフカートを再活用した
リサイクル・エコ商品として
針を使わない電動皮むき機
電動運搬車などの予約受付のチラシが入るなど・・・


天候の変から
行政の変
留まることのない機械の変化に
何を選択しどこまで付いていけるのでしょうか? (ToT)/~~~

2009年08月24日

ブレたかな? «  しごと »

贈答品の中に入れさせていただいている
今年の「芳果園便り」の一部です。(幸水編)
その年の作柄状況をお伝え致します!

・・・・・・・・・・
  暑い夏と同時に
  朝夕には、秋の気配を感じるこの頃です。

  今年の幸水梨は
  4月28日の凍霜害から始まり
  長雨による日照不足
  低温の影響など
  特に幸水は場所にもよりますが
  形状・糖度・表皮の黒ずみ等
  被害が大きく心配の追い討ちでした。

  崖っぷちの梨たちでしたが
  収穫の時期を迎えることができました
  ひと足早い 秋の味覚をお召し上がり下さい。
                      ・・・・・・・・・・


いつも作り終えてから思うこと
どこか 「ブレたかな?」 ・・・・・・・・・・(~o~)

2009年08月18日

想定外の天候に悩まされ・・・ «  しごと »

幸水の収穫が始まりました。
いつも思うに子供のようなもの
1年間丹精込めて手入れしてきても
収穫になれば
手から離れるのはあっという間!

今年の梨の特徴は
凍霜害の被害が大きく
ほとんどが形状が悪く
長雨のためらしいと言われますが
果皮の汚れが目立ちます。
・・・・・・・


適度な環境の必要さを痛感しております
どんなにりっぱなマニフェストであっても
園主交代で巻き返せるものなのか? (^_^;)
自然と不況の厳しい向かい風の情勢に
接戦の火蓋を切りました!!・・・

2009年08月15日

お宝発掘 «  しごと »

長雨の影響からか
野菜の高騰!!
打撃はすべてに関わってしまう・・

その打撃、あともう少しとなったのに
なかなか掘れなかったジャガイモを掘った!
すっかり草に覆われ草刈りから
最近では、ジャガイモも作る人が少なくなり
せいぜい、自家用を作れば大したもの
何しろ掘ることが大変!!
いっそ大規模ならば機械化も考えられるけれど・・・

少しばかりのジャガイモでも
少ないとなれば お宝になる!
休み々 何とか掘り終えることができました!
たくさんあれば今年の稼ぎ頭になったかも?(^○^)
ふぅ~~~!!
・・・宝探しは容易なもんじゃない!!
・・・・・・いち抜けたぁ!!

2009年08月13日

滑り込みセーフ!? «  しごと »

セーフなのかアウトなのか
やっと梨園の網張りが終りました。
自由に飛び回っていた鳥たちには申し訳ないけれど
ひと安心です!

暑さの中、息絶え絶えで (;O;)
流れる汗を拭いながらの作業は
年々大変さを感じます。
まず、畑の天井を張り
周りに網を吊るしていきます。
3箇所めの網張りの今日は
息子たちの若い力に助けられ
二日分を一日で完了・・・ヽ(^o^)丿

お迎えしたご先祖は家でお留守番 <(_ _)>
お盆前に 滑り込みセーフゥ~~!!

2009年08月08日

「飯田りんごん」なのに・・・ «  しごと »

「り  

 

今日は「飯田りんごん」
6日から9日までは飯田人形劇カーニバル開催中
飯田の町は踊りに人形劇に 
盛り上がっていること!間違いなし!!

なのに・・・・・
梨の収穫におおわらわ  (@_@;)
毎度のことに苦笑い!! 


ジベレリン処理の幸水梨
日照時間が少ない分
糖度もこれからに期待!
凍霜害果も形状は良くありませんが
玉伸びは普通・・
多雨のため干ばつの心配はありません。


8月1日付けの被害果も収穫致しました。
4月28日の降霜から3ヶ月・・・
「ワケあり」を背負っての出荷が始まりました!

ん」なのに・・・

2009年08月01日

梨の3ヶ月間・・・ «  しごと »

    (5/25撮影)

   (7/10撮影)

   (8/1撮影)

 

長野県飯田下伊那地方
大雨警報(PM10時)です。
ぶちあけるような雨が降っています。

畑で見つける鳥の巣も今年は見かけません
きっと、雨に濡れにくい所を選んだのかな?
蝉の抜け殻も少ないですね。
全てが天候に翻弄されている気が致します。


幸水梨の収穫までにあと一週間となりました!
盆前出荷分はジベレリン処理になります。
この十日ほどで 見る々大きくなりました。。。

5月から凍霜害果を追ってみました
霜は、道があると言われますように
場所・品種でも差がありました。
家の周りは特に被害が大きく
ほとんどが被害果を残してあります。

写真は3ヶ月の梨の変化(トップページより)
強いサビとヒビを背負いながらも
復活の兆しです!
サビも薄れてきました。
ヒビも、生育と同時にもりあがってきた感じです。

見るたびに変わっていく果実を見ながら
いつもの当たり前の梨とはいきませんが
生命の強さを感じます。
一年に一度の収穫を心待ちにしております。

2009年07月27日

おくれ仕事 «  しごと »

いつになったら この雨はやむのでしょうか?
こんな年も珍しいのでは?
雨間をみては リンゴの袋かけです!(T_T)

今年は予定通りの予定でしたが
ここに来て足踏み状態です。

四月の凍霜害はリンゴは
おかげ様に影響なく
つき過ぎている リンゴを落としながら
ゴール目指して頑張っております!


リンゴの木の下は写真のとおり
歩くのもたいへんなほどです・・・
何はともあれ、
昨年のような仕上がりを祈る毎日です!

2009年07月09日

入門! よしかわのうけん! «  しごと »

昨年と同日、本日西洋梨袋かけ終了!
はっきりしない天気が続き
雨間を見計らって明日からは
りんごの袋かけの予定です・・・

昨年は、果物は全般的に味がよく
もーちゃはプレッシャーを背負いながら
果物たちは四月末の凍霜害からリスクを背負い
追い討ちをかけるように
今年はエルニーニョ現象発生に伴い
大型台風の恐れが予想されている。
景気も価格も低迷中の中
単純に腰を低くして乗り切ろう!と思う
いくらか当たりが少ないかな?! (^◇^)
とにかく、今年もと期待をしながらの作業です!


勘ピューターも
勘機能も低下気味だけど・・・(ーー;)
常に新しい情報で対処し、豊作の秋を
迎えたいものです・・・・(^v^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(エルニーニョ)
南米ペルー沿岸を流れるペルー海流に、数年おきに生じる
海水の異変。クリスマスの頃、貿易風が強まる時期に
北太平洋から温かい水が流れ込み海水温度が周囲より 
3~5℃上昇し、さまざまな災害を引き起こす。
米大陸や日本へ異常気象をもたらす原因ともなる。

2009年07月03日

出荷の幕開け! «  しごと »

すももの出荷
最終の今日が最盛期で終了です!

今年のすもも大石早生の収穫は
先月、23日に初収穫から十日間
一気に色付きました。


スーパーなどで購入された場合には
すぐ、冷蔵庫で保存しお早めが一番です!
スモモもモモのうち
一足早い果物の旬を味わって下さい。


いよいよ、
当園の果物たちの出荷の幕開けです!

2009年06月12日

西洋梨袋かけ始まりました «  しごと »

ほぼ平年通り今日から
西洋梨の袋かけ始まりました!
途中、スモモの収穫が入りますので
7月10日頃までの予定です。

凍霜害の被害は西洋梨には見られません。
品種によっての差がわかります。


高齢化が進み、シルバーの方々に
お願いして作業を手伝っていただく農園も
だんだんと増えて来ました。
当園は今年は家内で回して行けたらと思っております。

梨たちは袋の順番を静かに待っていてくれます。
待っててねぇ!!  (^o^)丿

2009年05月21日

凍霜害の後遺症 «  しごと »

本日より新井原の梨園に入る(摘果作業)

今年の凍霜害は場所・品種で明暗を分け
霜は低い方へと滑ベリ落ちていく感じです!
梨は着果しなくても、害が残っても
周りから見ても被害は分かりませんが
ひどく霜にあった柿は枯れ木のような状態で
たまに新芽があるだけです

温暖化の影響も考えられますが
忍び寄る自然の魔の手には
知恵と経験では防ぎようもなさそうです・・・

2009年05月01日

凍霜害の状況・・・ «  しごと »

日本列島は先月27日から冬型の気圧配置が続き
飯田下伊那地方でも
先月28日早朝に各地で氷点下となり
当園も凍霜害にあいました。
防霜ファンのつけてある畑は何とか免れましたが
家の周りがどれだけ残るかの状態です。

場所と品種でも違いがありますが
今までにない酷い凍霜害です
今の状態は写真のように実がついても黒っぽく変色し
どんな形で収穫を迎えられるか
投げ出さない!諦めない!ことですね・・・


嘆き悔やんだところで
どうなるわけでもありません
与えられた状況の中で努力してみます・・・(*^^)v

2009年04月20日

今年の受粉状況・・・ «  しごと »

      花と貴重なミツバチ

今年の受粉作業 無事終りました
17日が雨
15,16日主に西洋梨
18、19日と幸水の受粉終了・・・
本日20日リンゴ受粉終了・・・(^O^)/

途中 上手くお湿りが入り
天候には恵まれて受粉が出来ました。


話は変わりますが・・・
新聞、テレビでも報道されておりますように
ミツバチが本当にいませんでした!
果樹園によっては養蜂業者からミツバチを借りて
受粉に利用する場合もあり
今までにない現象に首を傾げています

オーストラリアから女王蜂を輸入し増殖に努めてみたり
働きバチの大量死(ハチ特有の流行の病があるとか?)・・
ハチの職場放棄? 派遣切り?・・・
不足が原因とみられる盗難も起きている
生態の変化は思いもよらないところで
事態は深刻になってしまうこともある。

2009年04月13日

受粉始まりました! «  しごと »

昨年は16日に豊水・二十世紀梨受粉
今年は12,13日に汗ばむ中で受粉
受粉樹の花もまだ採り終えないうちに
追い討ちをかけるように
次々と開花が始まりました!!!

どんな収穫が待っているのか
知る術もなく
花を追っている状態です・・・


明日は雨の予報
久しぶりの雨を待ちわびております

2009年04月06日

ヤーリー開花 «  しごと »

昨年より三日、平年より七日早く
長野県伊那市 高遠城址公園の桜の開花宣言

受粉樹ヤーリーの花も
昨年より三日早く本日から花とりに入りました。
と、言うことは受粉も三日早ければ13日の予定に!
ちょっと早すぎるかな? 心配!


辺りは桜から始まって花盛り・・・
さすがに大輪のもーちゃの花も
しおれてしまいそう! (-_-)


高速は土日は1000円でどこまでも行けるとか
昨年の今頃はガソリン高騰で
多忙で行けないことより高騰を理由に出かけるのを控え
今年は昨年の延長とエコな生活 
土日は混むからということでまだ控えている!
都合のいい理由はいっぱいある・・・


でもやっぱり 梨の花が咲き出すと
気分は旅人になる
逃避行ってとこかな(^u^)

2009年04月03日

果樹園便り «  しごと »

スモモ(大石早生)の花 開花
このところの低温で花も足踏み状態
少しでも例年に近くなってくれることを願っている

受粉用の梨 ヤーリーの蕾が膨らみ出し
もう2,3日で花とりができそうな感じに・・・
西洋梨の剪定も臼井原に入る


リンゴ、柿は無知なもーちゃが
今年は剪定デビュー!! ヽ(^o^)丿
誰だって最初はある!!
自問自答を繰り返し
ちゃっかり自画自賛 (^v^)
なかなかな出来栄えだ!


いよいよ当園芳果園も
二本目の大黒柱を据え動き出している  (^◇^)
さあて いかがなものでしょうか・・・・?

2009年03月19日

チョット待って! «  しごと »

暑さ寒さも彼岸まで・・・
そんな のん気な場合ではなくなった
汗ばむ県内・・5地点3月史上最高 (@_@。

同時に桜の開花も早まる予告が
飯田市の天竜峡は平年より
12日早い今月24日

続く果樹の芽も
暖かさに誘われて動き出している・・・
作物までもが住みにくい世の中になってしまった
チョット待って!
誰も止めることはできない・・(-"-)

2009年02月24日

エライ仕事? «  しごと »

ここ数日、天気がぐずつき
雨間をみては、梨の棚付けに出かける
剪定作業は園主が剪定
もーちゃが棚に枝を付け
切り落とされた枝を片付け
切り口にボンドを塗っていきます。
割が悪い感じがしますが・・・・(・へ・)

ちょうど今道路沿いの畑に・・
犬の散歩や
歩いている人など結構 人が行き交い
仕事と行き交う方とのコミュニケーションの場でもあり
両立してやってます・・・(^○^)


やっと仕事に出かけて来たばかりなのに
「早く止めなんよ!エライなあ!」
ちょっと雨が降れば
「風邪ひくで止めなんよ!」
陽が入れば
「寒いで止めなんよ!エライなあ!」
おまけに、散歩の犬にまで吠えられる (-_-)
ほんとにエライ仕事です・・・

2009年02月09日

大活躍のハサミ «  しごと »

剪定作業も順調のようで
欲を言えば、まだネジがかかりきっていない!^_^;
追われるほど 仕事があることは有り難い
ことかも知れないけれど・・・

そんなことはどうでも・・・
それより、このハサミ
たいそうな優れもの!
このお陰で仕事もはかどっているようなもの
バッテリー式剪定ハサミで
軽い力でラクラク剪定 (^_-)-☆
しかも 最大30mmまで切れる強力な切断力
体の負担が軽減でき
強力サポーターの登場!!


もちろん、お値段もそれなりに・・・
希望小売価格 257,250円・・・
何でもお金の世の中な!・・・
楽をするのも楽なもんじゃないんだに!・・・(^○^)

2009年01月27日

今、農業が・・・ «  しごと »

雇用悪化の受け皿に
就農セミナーに応募殺到とか・・・?!
終わりの見えない雇用危機からなのか
そんな記事が目に入るこの頃・・
果たして、どんなものなのでしょうか・・・

今日は、当スモモ園にて剪定講習会
今までは、父母が何とかやっていたけれど
高齢のため、そろそろチェンジの時・・・
講師は園主、 講習者はもーちゃと息子・・(^v^)
どちらも、なかなか真剣そのもの (^◇^)
盆栽の大きめサイズといきたいところだけれど
甘くはありませんよ!!
「・・・???」


説明通り、教科書通りは無理な話
『この木は太陽がいっぱい!』
それそれ!! 適当に切ったるで~~ぇ!!
農業も難しいのですよ・・できるかな? (?_?)

2009年01月23日

終了のお礼まで «  しごと »

 

リンゴ・西洋梨・市田柿と発送を終了させていただきます。
おかげ様に「おいしい!」と喜んでいただき
好評のうちに終了させていただけますこと
心よりお礼申し上げます! <m(__)m>

すでに、園では剪定も始まり
新しい芽が春を待っております。
園主の漢字にもありましたが
「平」 今年も平らかでありますようにと願っております。

2008年12月18日

皆様の声 «  しごと »

今年は「ふじ」が大変濃厚に仕上がりました。
おいしいです・・・( ^)o(^ )
来年への期待も大きく
木々たちに「来年もよろしく!!」と
お願いしておきます。m(__)m

「ル・レクチェ」につきましても
糖度を計って下さった方もいらっしゃいました。
17度 ぶどうに匹敵します。
好みがありますが
それぞれの嗜好に感謝致します。 <m(__)m>


「市田柿」
毎日 悩みながら作っておりますと
私には、ただの悩みの種・・・(/_;)
それでも とてつもない人気者です・・・<(_ _)>
ありがとうございます・・・


全般に思うこと。・・・
芳果園の果物たちは強いて言えば
見たとこは 今ひとつ
でも、みんな味のある面々です!
園主に よ~く似ていると思ってやって下さい・・・。(^◇^)


2008年12月15日

干し柿状況・・・ «  しごと »

市田柿の発送が始まっております。

産地全般には 仕上がりの遅れが目立ち
天候に大変左右されますので
慎重に早目が期待されます・・・


干し柿ができるまでには
何回もの手がかかります。
吊るされた柿の干し具合をみておろし
柿のホゾを切り
仕上がるまで干したり柿もみ機にかけたりと
おろしてから
約一週間から10日くらいで仕上げます。


早送りで右往左往の毎日です・・・(^_^;)

2008年12月12日

12月半ばに・・ «  しごと »

12月も半ば・・今年もあと半月・・・
無駄に走り回らないようにと心がけながら
11、12月は計画した中で
仕事を進めることができました!
園主は この状況を”前代未聞”と
表現している・・・ それほど珍しいこと (^_^メ)
数十年何をしていたのでしょうか?

おかげ様に今年の果物は
台風もなく豊作傾向の年
何より美味しいことが有り難い!!(^v^)


発送も市田柿に入り
いくらか明るい兆しが見えつつも
最後まで緊張は保たなければと思っております。


≪市田柿≫
まだ乾燥中のものから
仕上がって出荷待ちのものから
年明けまで(1月半ば頃)作業が続きます。

2008年12月10日

えっ!? もう!? «  しごと »

この10日間の早いこと!

お待たせ致しております発送などありましたら
お申し付け下さいませ!m(__)m
ひとつ々 手を通して確かめながらの
作業になっております。


「ふじ」
濃厚なおいしい仕上がりとなり
お客様に喜んでいただいております。(^v^)


「ル・レクチェ」
発送の真っ最中であります。
差もありますが ゆっくりとお楽しみ下さい!
いくらか理解してあげられるようになりました。(^。^)


「市田柿」
まだまだ、研究の余地あり・・・
この柿は今どんな状態で何をしたらいいのか
問う毎日です・・・

2008年12月05日

西洋梨 ル・レクチェ始まります・・・ «  しごと »

お待たせ致しました !! <m(__)m>
最初は、やや青めを残しての出荷となります。
お届け後様子を見ながらお召し上がり下さい。

徐々に 熟して参ります
長く保存できる品種ではありますが
環境がそれぞれ違いますので
表皮が黄色く柔らかさを感じる頃がいいかな?!

今年はたいへん果物がおいしいですね。 (^u^)
さぁてと
もうひと頑張りしなくっちゃ!! (^_^)

2008年12月02日

芳果園だより «  しごと »

お待たせ致しました! m(__)m

「ふじ」
大変おいしく仕上がりました!
今年は11月末までの収穫となりました。



「ル・レクチェ」
昨年いただいた
果連会長賞の表彰状!
枕元に掲げ毎朝否応なく目にし
・・・・多年にわたり透徹した研究心と
   旺盛な行動力により他に範となる経営を確立し・・・
有り難いお言葉に叱咤激励され
今を 頑張っております (^u^)



「市田柿」
柿の手入れの基本は
まず、天気予報の確認
晴れマークは 「進め!」です!
柿が教えてくれました!(*^^)v


今年の味をお楽しみ下さい! 

2008年11月28日

お詫び・・・m(__)m «  しごと »

今年の贈答発送は
大変申し訳ございませんが
12月に入ってからとさせていただきます。
お待たせ致します・・・m(__)m

今年は慶事が重なったり
途中 西洋梨の出荷をしたりと
仕事の手順も変えてみました。

明日「ふじ」の収穫を終えます
今年も 美味しく実りました。)^o^(
嬉しい限りです・・・ \(^o^)/
一日も早くお届けできますように頑張ります・・<m(__)m>

2008年11月15日

今年の柿むき情報 «  しごと »

今年は天候にも恵まれ
スムーズに柿むき作業が行われました。

どこの畑も よく実がつき
剥ききれないのか、小玉なのか
葉が落ちて花が咲いたように
柿の実が季節を彩っています。

今年の当園の柿むき作業は
収穫の始まりは10月24日より
柿の剥き始めは10月26日から
量的には 平年並み
早めにとりかかれたこともあり
2,3日ではありますが
本日、11月15日柿むき作業終了となりました。


これから 柿のれんからおろして
ほぞ切り、粉出しと始まります。

2008年10月29日

柿すだれの中で・・・ «  しごと »

飯田下伊那地方特産の干し柿「市田柿」の柿むきが始まりました。
この時期は、当地方の風物!
鮮やかなオレンジ色が目に入ります。

当園は、今年は珍しく早めにとりかかり
24日より収穫、26日より剥き始めました。
干し柿にするので、天気予報がたよりになります
北風小僧は大歓迎です >゜)))彡

食の安全をめぐる問題が多発する中
衛生面には気をつけながら
11月半ばころまで作業が続きます・・・

2008年10月22日

果物情報・・・ «  しごと »

    

収穫を迎える市田柿

 

西洋梨「ル・レクチェ」の選別も終わり
冷蔵庫内も静かに賑やかくなった
12月、食べ頃になるまで、今年の陽気と
合わせながら 追熟期間に入りました。

リンゴ 「ふじ」はすでに色付き
あと ひと月後を待っています。


「市田柿」 そろそろ収穫を迎えます

自然の変化に 果物も人も翻弄され
この時期は特に 天候と時間と責任の
重圧にさいなまれております・・・

 

 

2008年10月09日

作業状況 «  しごと »

りんご「ふじ」の除袋も明日で完了予定
今のところ珍しく、計画通りに・・・
後は、網を張って、シルバーシートを敷く

鳥たちが盛んに上空で騒いでいる
「りんごを見ぃつけたぁ!」なのか
仲間を呼んでいるのか
皆目見当がつかない!!(/_;)


11月半ばの収穫まで、味の仕上げに入る
うまくいけば、自然のおかげ様!
良くなければ、私たちの努力不足・・・


毎年、重みに耐えながらも
肩の荷が下りる日まで
もう 一頑張り・・耐えてみせます!! (^◇^)

2008年09月26日

そろそろ閉店です! «  しごと »

朝、6時30分・・・
お盆前から、朝一番の仕事として
無人販売所開店へ・・・
待っていて下さる方、頼まれて買って下さる方
そろそろ閉店させていただきます m(__)m

毎日、20袋前後
一袋 100円で
選外や小玉ですが 3個から4個入りです。
ご愛顧、またはお持ち帰り
ありがとうございました <m(__)m>

2008年09月11日

赤梨の知恵袋 «  しごと »

今朝の広告地方新聞ホームニュースに
赤梨 豊水について記載されていました

・・・・・・・・・・・
幸水 豊水など「赤梨」という呼ばれ方をします
「赤」は熟すと果皮が明るい赤褐色に
なることに由来します・・・・


≪美味しい梨を選ぶコツ≫

果実の形が平たくずっしりと重みの感じるもの、
果皮に張りがあり、固いものを選ぶ
☆赤梨を選ぶ時は赤褐色が濃く
 お尻の部分まで着色しているものが良い。

≪良質な甘み、 効能も豊富≫
梨の甘味である天然のソルビトールは
低カロリーで虫歯になりにくい糖分。
腸の運動を活発にし便秘解消に効果的!
梨、リンゴなどに多いカリウムは、
血圧を下げ脳卒中のリスクを低くする。
その他 解熱作用、利尿作用、気管支炎、肺気腫などの
予防効果も認められている。
・・・解熱作用は身体を冷やすため
  妊娠中や冷え性の方は食べ過ぎに注意
・・・・・・・・・・・

この知恵袋へ記載させていただきました。
上記は参考にしていただいて
秋晴れの残暑の下で
旬を味わっていただきたいと思います。

2008年09月06日

豊水収穫始まる・・ «  しごと »

今日から約二十日間をめどに
天候に恵まれることを祈りながら
豊水梨の収穫が始まりました。
豊水梨は酸味のある
とても名の通りみずみずしい梨です!

最初は日当たりの加減でも
適熟が分かりにくく 収穫に時間がかかります。
ここ数年、病害に悩まされ
今年はやっと回復に至っております
糖度や形や玉伸び・・・??
今はそんな次元を越えて
今日までに感謝です・・・m(__)m


先月収穫を終えた幸水の木は
紅葉し始め 落葉も見られます
市田柿の木は日に日に重みを増し
柿は色付き始める頃まで生育中です・・・
晩秋に向けて、様々な木々のドラマが演じられます。

2008年08月28日

一日おきの生活 «  しごと »

幸水梨の収穫もお陰様に
雷と激しい雨の中 今日で終了です。
今年は比較的糖度も高く
大小に係わらずおいしく仕上がりました。
追って 9月5日ころから豊水に変ります。

盆後は収穫、出荷と一日おきの生活のリズムは
時の経つのも忘れるくらいでした。
愛用のカメラも置き去りで・・・(^_^メ)
採り終えた木々は重みから開放され
まさに、肩の荷がおりました (^u^)


今年は珍しく5日ほど梨は休みになりますが
来月早々、高校生のホームスティが見えます。
賑やかな九月がすぐそこです・・・(^v^)

2008年08月19日

芳果園だより «  しごと »

午後 久しぶりに雨の潤いが・・・
夜風が涼しく心地よい・・・

幸水梨について
玉伸びは平年並み
糖度は12~14度と高め
樹の状態も良好です。。。


今年2月、ある講演から
会社の新入社員の研修では
農家で一ヶ月ほど生活体験をされるということで
その時、よく見てくることは
① 畑の入り口はキレイであるか?
② 農機具の整頓はされているか?
③ 庭などには花が植えられているか?
その三つを見て来るように言われるそうです。
だいたい、それができていれば
よいものを作っていると思ってよいそうです。


そんなわけで
今年は整然としたオフィス(畑)を目標に
花を植えたり、草刈りの続行・・・
辺りの整理整頓、手入れなど心がけてみました


こんな年こそポジティブに・・・(^v^)

2008年08月08日

幸水梨 収穫始まる «  しごと »

暑さも冷め止まぬうちに
ジベレリン処理の幸水梨
待ちに待った??収穫始まりました!
この三日ほど 夕立ち雨に
辺りが生き返った感じ・・・

原油高騰のため 産地によっては
梨もハウス栽培は自然栽培となったり
日本中  夏は気温の差もさほどなくなり
産地の重複が心配され
農産物の流れにも支障を来たし出す・・・気配も・・・


ともあれ・・・
手塩にかけて育てた梨の出荷
収穫の重みは
暑さも苦労も忘れ?
流れる汗を拭いながら
ひとつ々、手籠に採りこむ。

2008年08月02日

それでも 前へ!・・・ «  しごと »

飯田の雨 平年の12%
七月の県内は梅雨前線の活動が弱く
高温少雨の傾向が際立つ

八月も同様の天気が続きそう・・という予想
そろそろ始まる果樹も
小玉になったり 日焼けの被害が心配される・・・


先月末の新聞には
県北部の白菜1500トン 出荷調整処分の記事が・・
生産資材や化学肥料も高騰している現在
聞くも涙 語るも涙の状況が・・・(>_<)


今朝の幸水梨の横顔・・・
先日 灌水をしました
眩しい太陽に目を細め
網の中で 蝉の声を聞きながら
収穫に心弾ませています・・・(*^^)v

2008年07月11日

りんごの袋かけ始まる «  しごと »

りんご『ふじ』の袋かけが始まりました!
標高450メートルのこの地では
りんごの色付きを良くするため
防除回数削減、病害虫を防ぐためなどで
当園は袋をかけます。
(できれば、かけないに越したことはありませんが
 大変な結果が待っているのでかけます。)

約3ヶ月間袋の中で育ちます!
後、収穫までの約2ヶ月間太陽の下で仕上げに入ります。
雨にも風にも、夏の暑さにも負けないで
頑張り通す、感心なりんごたちです・・・(^・^)

2008年07月01日

山積み問題・・・ «  しごと »

すもも(大石早生)が最盛期に・・
早送りの状態で収穫、出荷と始まった。

月が変れば食品、ガソリンなど値上がりが
そのわりには、生産物が高騰するわけでもない
家計直撃の見出しを横目に
一気に熟したすももに追い立てられる・・・"^_^"

今年はお陰様に病害虫も少なめ
たま伸びも良好のため豊作気味・・(^u^)
すももを、頬張りながら
食事削減に努力しようと家族にも勧めるが
腹の虫が時期を知らせてくる・・・(~_~;)


今は、目の前のすももの山積みを
荷造りしなくてはならないのだ”

2008年06月17日

西洋梨の袋かけ «  しごと »

西洋梨の袋かけが始まりました。
今年はどんな、でき具合になるのかと
期待と不安の時でもあります。

畑の周りには ヒマワリ、マリーゴールド、菊と
夏から秋にかけての
花の準備も整いました。

順番待ちの梨にせがまれながら
しばらくは引っ張りだこになりそうです"!(^v^)

2008年05月18日

農家ホームスティ始まる «  しごと »

この地区には、140基もの古墳があったそうですが
開発により現存する古墳は30基余
・・・馬背塚古墳・・・
特徴は 前方部・後円部それぞれに
大きな横穴式石室を持っています。
写真は奥行き12m、高さ3mある石室です。

今年初めての農家ホームスティ
千葉県鎌ヶ谷市からようこそ m(__)m

最初の受け入れから9年目・・
年々 子供たちとは年がはなれていくばかり
その割には、もーちゃ 若々しく
お変わりなくお過ごし?!・・(^○^)


我が家のホームスティは
百聞は一見に如かず!!
農業体験の合い間に
今回も写真の古墳を訪ねました。
古墳内の広い石室を仰ぐと
コウモリが生息しています・・・
別世界を感じます!
一緒に見て話して食して・・
共通の話題を見つけながら
お互い歩み寄る大切な時間を共有することです!


農業をやっていて 楽しいこと?
苦労は? などの質問に
テレビドラマ 「ごくせん」のヤンクミ先生のように
熱きは語れないけれど気持は熱い!!・・・
わかっていただけたかな?

2008年05月10日

鋏の音 «  しごと »

今日は冷たい雨の一日
コタツが欲しい、そんな感じ
標高の高いところでは雪の予報が・・・ブルル~~
五月だっちゅうのに・・・((+_+))

今年の果樹のつき具合は
ほぼ平年並みの感じ・・・
これから、収穫を迎えるまで
摘果、袋掛けなどの作業が始まります。
ひとつに残すには緊張もあり
鋏の先が減ってしまうほど
これからは ♪チョッキンなぁの仕事・・・
果物の幼果を信じて々信じ抜いて
実りの秋への夢を託すのです・・・(^u^)


そんなに甘くはない自然界だけど
どちらさんの業界も大変な時代・・
いつものことだけど、じっと我慢 (・.・;)
秋には 丁が出るか半が出るか
この業界も博打のようなもの
ただ、どちらが出ても
勝利あり・・・ (?_?)
と、いうことに・・・??・・(^○^)

2008年04月23日

案じの病! «  しごと »

案じの病が終りました・・・
りんご「ふじ」の受粉終了とともに
今年の受粉作業完了・・・\(^o^)/
最初の豊水梨はすでに花も散り
葉が賑やかくなってきました

我が家では、受粉のことを
「案じの病」と言っております。
これは日が経てば治りますが
確かに病は気(樹)からです!


庭先では今日はツバメの姿も・・・
「おかえりなさい!」・・・(^O^)
休む間もなく巣作りの偵察中
春の駒が揃ってきました・・・


この十日間・・・
三遠南信道(7.2km)も開通し
桜の花から つつじの花に変わり
春の装いもリニューアルに・・・
明日は雨予報
快適?に車走らせて
案じの病の薬の処方にしようっと・・・(^◇^)

2008年04月16日

受粉始まりました! «  しごと »

明日から三日間の雨予報・・・
今日は曇天の中
二十世紀梨と豊水梨の受粉をしました。
お陰様に、今日の予定は無事終了! (^o^)丿

スモモの花も散りきらないまま
モモの花は満開
梨は早々と開花で大忙しです!
まさに今、百花繚乱・・・
どこでもお花見モード
時期は昨年とほぼ同じです・・・


もーちゃ、いくらか風邪気味のため
咳と鼻水に悩まされ
雨、北上と共にダウンでしょう!
ご一緒に、お花見といきたいところですが
失礼させていただきます。・・・ _(_^_)_

2008年04月15日

花とりの真っ最中です! «  しごと »

左・・花の葯
右・・約24時間後花粉になりました

桜の花もそろそろ散り始め
受粉樹の花とり真っ最中です
咲く片っ端から花はもぎ取られ
葯だけにして、花粉にします。

遅い収穫の品種から咲き始めるので
二十世紀梨と豊水梨の花が
開花始めました。
天気具合で、明日から受粉に入りそうです


昨年植樹した花桃も、頭を垂れ咲き誇っています。
ミツバチもどこからか集合し
自然の営みの中で
世の中の不安などどこ吹く風のように
四季を駆け巡っています。


秋の収穫に向け、
今、小さな蕾が育んでいます。(#^.^#)
やわらかな世界のひとコマです。

2008年04月09日

ヤーリー開花・・・・・ «  しごと »

芳果園の今年の一番の開花
受粉樹のヤーリーの花です。
いよいよ受粉のための花とりが始まります。

この花の開花から、約十日後が
豊水梨の受粉日和の目安になります。
遅い収穫の梨の花から順に咲き始めます。
どうしてなのでしょうかね?・・・


花粉をとるために
開花前の、風船状態になったら
全ての花を摘み始めます。


明日は雨の予報
天気を見ながら、四月末頃まで
実が付くかの大切な作業が始まります。
防除作業も、タイミング~!をみながら
気をもむ毎日です・・・・

2008年02月25日

嬉しい納得・・・ «  しごと »

今月は、何かと用があり
講演会も何回かお聞きする機会がありました。

先日、アグロカネショウ(株)の栗山先生の
演題 『作物と病害虫と農薬のトライアングル』と題し
病害虫と農薬の関係など
分かりやすく楽しくお聞きすることができました。


会社の新入社員の研修では
農家で一ヶ月ほど生活体験をされるということで
その時、よく見てくることは
① 畑の入り口はキレイであるか?
② 農機具の整頓はされているか?
③ 庭などには花が植えられているか?
その三つを見て来るように言われるそうです。
だいたい、それができていれば
よいものを作っていると思ってよいそうです。


自分が、他所へお借りして行った時
花一輪に、ほっと和み、話題もあり まず安心!!
確かだなあと思いました。(^u^)


我が家も そうありますように
皆様、お出かけてみて下さい!!m(__)m
パンジーのお出迎えから始まりますに・・・(^v^)

2008年02月22日

可愛い仲間たち・・・ «  しごと »

日差しも強くなり
春の香りを感じるようになりました。

梨の剪定も、もう少しペースをあげなければ・・・
枝を片付けたり、切り口に薬を塗ったり
青空を眺めながらの作業です・・・


今年も、やってきました。トットちゃん!!
どこで見ているのか、すぐ近くまで来ては
一緒にいるのを楽しんでいるようです。
可愛いですね。
同じ鳥なのか、昨年も来ました
一羽だけです。。。(^・^)


ふっくら 羽毛がやわらかそうで
嬉しそうに眺めていてくれます。


大地には、愛犬ベルちゃん!
梨の棚には、愛鳥トットちゃん!
可愛い仲間に囲まれて
毎日の出勤が楽しみです・・・(*^。^*)

2008年02月15日

どうしても・・・ «  しごと »

「南信州きらめき農業のつどい」に
農民作家の山下惣一氏の講演会があるということで
どうしてもお聞きしたくて行って来ました。

農業新聞などでは、大変お馴染みの
ユーモラスに いつも楽しく読ませていただいております。
佐賀県唐津市から、遠方までお出で下さり
貴重な講演をお聞きすることができました。


「農業 農村のゆくえ」・・・と題し
活字からのイメージとしては硬かったかな?
講演の中で
今は中国製餃子など安全性の問題だけれども
本当に心配なのは、
中国(外国)から入ってこなくなった時ではと・・・
今が農業も踏ん張りどころ・・・だそうです!

飽食の時代から
どんなふうに変っていくのでしょうか?

2008年02月14日

寒さこらえてが一番・・・ «  しごと »

2月、3月は何かとお誘いいただき
忙しい毎日・・・
合い間に仕事をしている。

今日は、バレンタインディ・・・(^v^)
おいしいと評判の
生チョコの作り方を教えていただいたので
最初で最後の?! チョコ作りをしようと
材料は買ってみたものの
昨日は、仲間の方々と昼神温泉へ宿泊
体を右下にして横にならないと大変!なくらい
ご馳走をいただいてしまった。。。( ^)o(^ )
それと、館内とても暖かく
帰宅するなり寒さが身にしみ
別世界に慣れるのと、カゼをひいては大変と
構えてしまった・・・


そんなわけで、余計なことは止めに・・・●~*
それより、空いた時間は仕事・・仕事・・

芳果園の冬の風物詩「剪定」が始まっています。
冬の寒さに耐えながら新芽も
今はじっと、寒さこらえて春を
待っているようです・・・・・・.。o○

2008年02月10日

国産、県産宣言・・ «  しごと »

今年一番の積雪!!((+_+))
雪も積もったが、ゴミも積もってしまった (-_-)
雪かきを終え、手当たりしだい片付け開始・・・

慌ただしかった作業場もひっそりと静まり
どこも片付け待ち・・・


中国の餃子問題から
国産、県産、地場産宣言とか安全を買い求める風潮。
その反面、国内産 白菜、大根が破棄されている記事・・
餃子の皮と、ひき肉が売れ
アンバランスなバランスに首を傾げてしまう (・・?


我が家の白菜、昨秋は見事に虫がつき
出荷できずに、ほとんど自家用に。
やたらに消毒もできないので
虫に召しあがっていただいた。
確かにりっぱな虫が育った!(^○^)
それでも幾重にも葉をとれば
漬物から鍋物、サラダとオールマイティー!(^v^)
ずうっと、お世話になっている。


その反面・・
此処、信州伊那谷特産
りんご、南水(梨)、市田柿が海外に出荷され始めました。
食料の輸入大国でありながら
世界的な日本食ブーム
アジア諸国の富裕層の増加などで
農業もグローバルな時代に突入している・・・
これから先、「食」の不安に
またひとつ 拍車がかかりそうです。。。(p_-)


「食料安定所」でも開設しましょうかねぇ!!( ^)o(^ )


2008年01月28日

脱酸素剤と保冷剤・・・・・ «  しごと »

最後の柿もみ機使用中
本日、AM11時30分にて終了・・・
昨年10月末から約3ヶ月
もみ機の中の柿のように
私も回り続けました・・・\(◎o◎)/!

明日、最終出荷で完了です!
12月から、りんご、西洋梨、市田柿と
三足のわらじで駆け抜けました。
揃えて、お片づけです。 <m(__)m>


今年は袋詰めを主として出荷致しました。
パック詰めは脱酸素剤を入れると
賞味期限が2ヶ月になりますが
許される限り、減らせるものは
省いていくことが大切・・・
おまけに手間も省けて助かりました。


この頃気になることは、保冷剤も増えました。
少しのうちは重宝でしたが
必要以上になればゴミです。
結構いろいろに入っているようになりましたね。


脱酸素剤と保冷剤
このふたつを例にあげてしまいましたが
賞味期限が長くなり
鮮度が長持ちできるなんて
もーちゃに使用したら、一番画期的かも・・・
寄せて・・寄せて集めてみても
やっぱ! ダメかぁ・・・(~_~;)

PM11時、外は雪になりました!
保冷中のようなもんです ((+_+))


2008年01月17日

今年も幸先よくスタートです! «  しごと »

 万歳(長野県民は最後に万歳三唱です!)

小正月前に柿すだれも終わりました。
粉だし機にかけて仕上がりを待ちます・・・
最終出荷は今月いっぱいの予定です。


昨日は地域の果樹組合の新年会に・・・
全盛の時も過ぎ
高齢化が進んで来たかなというのが実感・・・
定年のないこの職業も
時代と共に難しさを増し
だんだんと縮小されていきます。
・・・これが現実のようです。。。


部屋のおとなりでは
結婚披露宴が静かに行われていました。


微笑ましい会場を横目に
有志でボーリング場へ・・・
一年間のご無沙汰でしたぁ!
あちこちから快音が聞こえてきます~~
でもそんなのまったく関係なく
こちらは溝掃除がお得意の技のようで(^u^)
も~ちゃのアベレージ??
80~100点です。
テストだったらグットだけど・・・
今日は芳果園園主は168点が出ました。ヽ(^o^)丿
今年も幸先いいかなっと苦笑い!!

『笑う門には福来たる!!』 (^◇^)
決めた!! 
今年もこれで進みます・・・

2008年01月13日

果物情報 «  しごと »

今日で柿すだれも終わりました。

時代の流れで 価値観も変わってきました。
量よりも質・・
お金よりも生きがい・・・
生きている実感が欲しい・・・
高い集団の中にいよう!!・・・
人との結びつきが社会の在り方を
変えていってくれるのかも知れません!

2007年12月18日

果物情報・・・ «  しごと »

市田柿の賞味期限につきましては
出荷組合などに基づいて
脱酸素剤が入っているものは2ヶ月間
入らないものは1ヶ月間とさせていただいております。
期限内に!?お楽しみ下さいませ。

また、ゴミ省力化に
できる範囲でご協力いただき
美化に努めていきたいと思います。

お届けさせていただいた果物たち
生物につき多少
ご迷惑をおかけしているものもあるかもしれませんが
最後までおいしくお召し上がり下さいませ。m(__)m

2007年12月11日

市田柿発送始まりました!! «  しごと »

毎晩、愛犬ベルちゃんのトイレに出かけます。
我が家の畑の片隅が落ち着くようです。
夏のうちは夕涼みで気持ちもよかったのですが
今はしっかり暖かくして出かけます。
先日、待ちながら流れ星を見つけました。
当然 あっと言う間のできごとでした。
感激と残念に打ち沈んでおりました。
あれから・・・毎日「願い事」を三つほど??用意して
待ちわびる毎晩ですが・・・・.。o○
いつのことやら・・・・!!

市田柿の仕上がり状況ですが
産地全体的には遅れ気味ということ・・・ホントかなぁ?
芯まで乾けないということで戻ったりしてしまうそうです。

芳果園の「市田柿」もゆっくりぼつぼつです!
それでも昨年に比べたら、(^u^)
せめて 「人並みに・・・」が目標です。
小さな精一杯の希望です・・・!!

ご予約いただいております
市田柿の発送も始めました・・・心配!


【二兎を追う者は一兎をも得ず】
二兎がだめなら三兎に挑戦しております。
解釈が大変自分勝手だと思いますが・・・(^◇^)
<m(__)m>
流れ星様、早くお会いしないと「願い事」が
時期はずれになってしまいそうです・・・●~*


2007年12月08日

果物状況・・・ 西洋梨出荷始まりました! «  しごと »

発送、昨日から本格的になりました。

西洋梨の食べ頃につきましては
疑問と腐らせてしまった経験が
どなたにも おありだと思います。

この西洋梨 「ル・レクチェ」は
10月中旬の収穫から
約40日以上の追熟期間を経て
ようやく、食べ頃を迎えます。
手探り状態のこの期間は
温度管理と、空気の入れ替え
静粛な時間の流れの中を
お互い息をこらえての語り合いです。


11月中旬を過ぎると
甘い香りが漂い始め
存在感を示して参ります。
その頃はまだ、青みの方が強く
お互い12月完熟目指して意気投合です。

12月を迎えると
いよいよ香りも増し
出荷準備です。


ハイリスクを背負って
この付かず離れずの
微妙な関係が うまく成立して初めて
皆様に贈らせていただいております。 m(__)m


そんな西洋ナシたちも食べ頃に・・・
さて、今年のお味はいかがなものでしょうか?


・・・追伸・・・
今年も、新宿京王百貨店地下1階
野菜・果物 「定松」にて
販売していただいております。

2007年12月06日

みんな人間だもの・・・ «  しごと »

西洋梨、ル・レクチェの荷作りが始まりました。
柔らかな肌は触るのも気を使います。
当園の園主 ハニカミ親父も (^v^)
相変わらず いつものマイペースで
引きこもって、甘い香りの中で勤しんでおります。

ル・レクチェの状態は・・・
今のところ、例年通りの顔つきです。。。。。

もーちゃは、全て兼務のため
居場所は不定・・・
探さないで下さい・・・そこには居ません♪  m(__)m


今年の流行語大賞のトップテンにも
選ばれてしまった「食品偽装」・・・
何か、歯車がくいちがってしまったような
いろいろ考えさせられました。
・・・・と だけのコメントにします。


果物も たくさんの選外品が出ます。
目の当たりにしながら
飢餓で苦しむ 多くの方々に
お届けできたらいいのにと思わずにはいられません。


果物作りも、理想と現実の違いに
悩みながら、それでも頑張るど根性に
「そんな力はどこにあるの?」と
自分に問いかけながら
師走を駆けております。(^◇^)

2007年12月03日

果樹情報・・奮闘中です?! «  しごと »

    柿もみ機

発送続行中です・・・

ふじ
全て 見直してから発送させていただいております。
一日の量に限りがありますが m(__)m
早めの ご利用の方はお申し出下さいませ。
もう一度、りんごを撫でて送りだします・・・


市田柿
今日は雨です。
干し柿も今日はしっとり・・
皮むきから、約35%の目安で柿をおろします。
まず、ほぞを切り、
干したり、柿もみ機にかけたり
(柿もみ機の中で回転しながらもまれています)
幾度も手をかけ、うまくいって
一週間くらいで仕上がりを目指します。


ル・レクチェ
甘い香りに包まれてばかりではいられません。
5日ころからの出荷予定でおります。
毎日、梨の顔を見てはイヤだろなと思いながら
「頑張れ!!・・」です・・・


2007年11月30日

果実情報・・ 発送開始します! «  しごと »

お待たせ致しました。m(__)m
本格的に発送開始させていただきます。

ふじ
選別も終了しました。
玉伸びも味も良好で
努力が実ったのか、自然のお陰なのか
いまだに、判明しません・・・
おいしさいっぱい詰めたつもりです!?・・・
たまには、勘ピューターも狂いますが・・
今年の味をお楽しみ下さい・・・

ル・レクチェ
甘い香りが漂い始めました。
8月1日のブログでも紹介させていただきましたが
西洋梨部門で
「全国果樹研究連合会長賞」を頂戴致しました。
大変 重みのある賞をいただき
思い出したら、プレッシャーの重みでした。
考えすぎないように考えて・・・???
言葉なき果物たちと語らっております。

市田柿
ここ数年、思考錯誤の状態でしたが
今年は天候に助けられ
今のところ にっこり・・・(^u^)
でも、油断大敵・・・

・・・・今年もやっぱり1年生です。。。

2007年11月26日

果物情報 «  しごと »

りんご、西洋梨、 市田柿
主要メンバーが揃い始めました。

ふじ

今日は荷作り作業です。
例年より少し大きめに仕上がりました。
残りの収穫を終えると
発送に入らせていただきます。
味は、召し上がられる皆様が
お楽しみ下さいませ。


ル・レクチェ

青みがぬけ始めました。
香りが漂うようになりました。
そろそろ仕上がりに向かっております。
最後まで、気の許せない緊張です。
比較的、大きいものから完熟の気配です・・・


市田柿

天気予報から目が放せません。
早いのは おろしだし
ほぞを切り、粉だしに入ります。
今年は天候に助けられてか
今のところは、きれいに干しあがっているようですが・・
油断大敵・・・もうひと頑張りの毎日です。


2007年11月22日

いい 「ふじ」 の日 «  しごと »

11月22日  「いいふじの日」だそうです。
また、「いい夫婦の日」でもあるそうです。
該当するご夫婦の皆様の継続を祈ります (^u^)

あやかりたくて・・・
今日から 「ふじ」 の収穫が始まりました。
ニーズにお答えするということは 
「どんだけぇ!!」 状態です?? (ー_ー)!!

願いは・・・・・・
蜜もいっぱい! 酸味も程よく!
みずみずしくて! 甘みも上品に!・・・
りんごに話ができたら何て答えてくれるのでしょうか?


今年は例年並みのでき具合・・
都合のよい言葉ですね。
とても おいしいです。
正に大地からの贈り物。
感謝と一年の重みを感じながらの収穫です。



また、ご注文いただく皆様 m(__)m
何もかもが値上がるなか
今年も、変わらぬご愛顧にお答えして
変わらぬお値段で頑張りたいと思います。


今日は 「いい人の日」 でしたっけ??☆彡
イッチ 二ッ! イッチ 二!ではなく
イッチ イッチ ニィ ニ!で (*^^)v

写真は、たくさんの中の一個
全てが蜜入りではありません<(_ _)>
店頭に、輪切りにしてありました。
真似してみました。

2007年11月09日

果樹情報・・試食始まりました! «  しごと »

柿むき作業も中盤を迎えました。
辺りの景色も紅葉を始め
頭を垂れていた柿の木も収穫を終えた順に
秋空に向かって伸びをしているようです。

市田柿
約半分 むき終わりました・・・
今年からは、
柿のほぞにアルコール消毒をするようになりました。
(>_<) 何回手を掛けるのでしょうか??
自然の中で作り上げる難しさと
安心、安全の言葉の重みに
耐えながらの毎日です。

ふじ
色付いてきました。
もう少し、寒くなってくれると
りんごには有り難いのですが。・・・
写真は、陽が沈んだりんごの木です。
11月20日過ぎの収穫を待ちます。


ル・レクチェ
追熟中です。
まだ、青みがあります
そろそろ、色が抜け出すと香りが出てきます。


<m(__)m>
果物のご注文をいただいております。
ありがとうございます・・・
精一杯のおもてなしは気持ちだけでもと思っております。
・・・・・???<(_ _)>
『おいしくあること!!』のプレッシャーを
背負い始めました・・・(^v^)
その重荷に耐えられる精神力の
切り替え中でもあります。
明日は、親しい仲間とちょっと 一杯いただいて
酔った勢いでテンション上げていこうと
理由分かんないこと考えてます・・・●~*

 

2007年10月25日

果物情報 «  しごと »

  温度・換気の管理をしながら、12月出荷を待ちます。

 


 

りんご「ふじ」の手入れもひと段落
反射シートも敷き終わり
後は、味がのってくること!・・・
いろいろな被害が
少ないことを祈るだけとなりました。

西洋梨「ル・レクチェ」も今月中旬に
収穫も終わり、重量選別を済まし
冷蔵庫の中での追熟期間に入りました。
今の所は、平年並み・・・
うまく追熟されることを願うだけとなりました。

市田柿も色付き始め
早いところでは皮むきが始まりました。
当園では、準備作業中・・・
掃除と殺菌作業などに追われております。
食品加工ということで、気を使いながらの毎日です。


2007年10月17日

出荷反省会 «  しごと »

 


 

南信州果物クラブの出荷反省会が行われました。

未来の「農業」は本当に「ノー業」に
なってしまうのでしょうか?
輸入に頼り、近い将来
農産物の激減が予想されます。
一粒のお米の尊さが、一筋のうどんの尊さが
現実としてやって来そうな不安を
どれだけの人が感じているのでしょうか・・?
・・・・・・(・・?


今年も、 お世話になった市場の方
また、果物作りに欠かせない肥料関係の方に
ご足労願い、一年の反省と
来年への期待を兼ね合わせながらの反省会


実ったひとつ々の果物に
どれだけの方々の思いや努力があって
消費者の皆様までお届けしているかと思うと
果物に限らず全ての物に対して
深い感謝の気持ちになります。


千代田肥糧株式会社の橋本さんと・・・(写真)
舞の海関に似ていらっしゃって
仕事の話を交えながらの懇親会!
「ビールごっつぁんです!」 
「難しい話は園主にお願いしまっす。!」
この笑顔・・しっかり肥糧注文したくなりそうです。
お互い ヽ(^o^)丿 頑張りま~~~す!!
??何の肥糧だったっけぇ??? <(_ _)>
飲みすぎたかな?? (^^ゞ

2007年09月16日

お久しぶりでございます。m(__)m «  しごと »

もーちゃ・・・電池切れだったのではありません・・・

11,12日と広島県福山市の中学二年生が
ファームスティにみえ、賑やかく収穫に
勤しんでおりました。。。。。。
広島県と長野県・・・
朝7時半集合で、新幹線で名古屋に
名古屋からバスで飯田に・・・・
遠いようで近いような・・・・・
いろいろ体験できてよかったこと・・・・(^v^)


    
☆☆☆☆☆

私、梨の食べすぎがたたってか
胃の調子が悪く・・1kg減・・・
今のところ、誰も心配してくれません●~*


辺りでは、
稲穂も黄金色に変わり
早生なのか稲刈りも始まっているところも・・・・・
ずいぶん少なくなったけど
アキアカネが、秋の空を飛び交っています。


豊水梨も、折り返し地点・・・
ついでに、しっかり充電して
続投で頑張らなければ・・・・(^_^)/~

2007年09月08日

果物情報・・・ «  しごと »

 


 

台風9号も あちこちに爪あとを残し北上!・・・
被害に遭われた皆様 お見舞い申し上げます。
飯田市近辺でも場所によっては果実の落下など
被害が出ております。

豊水の時期になりました。
今年は、開花期の凍霜害により
結実が悪く、秋も足早に加速気味です。

豊水の糖度検査、下記の通りです。
抜き打ち三個くらいですから、
はっきり分かりませんが
昨年より、数値からみるとやや低めです。m(__)m
 一般的の平均は12~13度位
我が家の梨も世間並みかな!?

暑いときは、冷やして・・・
涼しいときは、秋の味覚として・・・
    

豊水   糖度検査   H19・9/8
上(ほぞ) 10.8 10.8 10.0
赤道面 12.0 12.0 11.0
下(お尻) 12.8 12.2 12.0

 

2007年09月07日

果物情報! 豊水始まります! «  しごと »

 


 

台風圏内の風と雨が音をたてて
次々と通り過ぎていきます・・・>゜))))彡
台風9号の接近に冷や冷やしながら
これから秋の収穫に向けて
心配を通り越していかなければなりません。

お陰様に、長野県南部の方は
おおきな被害もありませんでした・・・
ひとつ々のハードルをクリアしていかなければ・・・です。



豊水が始まります。
名前の通り、たいへんみずみずしく
少し酸味があり、旬の食べ頃は何でも最高ですね。


今朝の地方新聞には二十世紀梨の選果の様子が出ておりました。
今年は春先の天候不順でやや玉の不揃いが見られるが
成長期7月以降は高温、少雨のため
糖度は高く上々の出来とのこと・・・・・


また、伝統の味を後世に伝えたいと
昨年から台湾輸出も始まっている。とのこと・・
果物も行ったり来たりのグローバル化なんだぁ!


当園の果物は、召し上がっていただいた通りです。
「おいしい!」 に越したことはないですよ!
春の開花から、共に頑張って結んだ実です。
その出会いのご縁と共にお召し上がり下さいませ <m(__)m>


2007年08月26日

果物情報・・今年の幸水 «  しごと »

 


 

23日の雨で大地が生き返ったように
夏バテ気味の自然界も動きだしました。
それでも残暑が続く毎日・・・


夜は外に出て秋の涼しい風にあたりながら
一日を振り返る・・・
週末の夜は
どこか々で秋祭りの花火があがっている
夜空をキャンパスに、最高の芸術鑑賞の時・・
・・・☆☆☆☆☆☆☆☆・・・

今月いっぱいは幸水梨の出荷に集中!
一週間も、いつもより早っ!!


幸水梨も盛りを迎えております。が、
どの地域も、品薄の感じで引っ張りだこ・・m(__)m
品質的には今ひとつ・・・のようです。・・・

人に安心安全は、梨には危険が伴います・・・
当園の幸水も、糖度は合格ラインですが
食感に硬さが残るようなのもあります・・・
甘みや食感をうまく引き立てて、おいしい梨が・・
やっぱり! 大地の芸術品です!<(_ _)>
(もーちゃの評です!)

「糖分控えめ」の言葉が妙に気になったり・・
私のカン(勘)ピューターの微妙な調整が続く毎日です・・(^○^)・・
今夜も梨の試食で満腹・・・)^o^(


2007年08月19日

果物情報・・ «  しごと »

 


 

燦々とふりそそぐ太陽の下
さすがに雑草たちも乾ききっています。
ひと雨欲しいですね。

「幸水です!」・・いよいよ始まります。
どんなに暑くても、
毎日「大きくなあれ!」と励まされ
「甘くなったかな?」と検査され
園主のご機嫌な顔を見るのは結構大変です。


蝉の声と、時おり通り過ぎる午後の風が
いくらか心地よくなりました。
旅先を待っている毎日です。


もーちゃ店主の無人販売所
大好評中!!??・・・
今朝も寝ぼけ眼で開店に・・・
有り難いことに待っていて下さる方が m(__)m
もちろん得点ありィ・・・
おまけ、たくさんあげちゃいましたァ!!


贈答のご注文もありがとうございます。
そろそろ発送に入らせていただきます。
知る人ぞ知る・・お値段と味・・
ミステリーな、梨直売農園です・・・(^◇^)

2007年08月10日

芳果園だより・・・果物のつぶやき «  しごと »

  【つがる】  8/6撮影

 


 

お盆前、二回目の選果場・・(三回予定)

「幸水」です・・・
出荷が始まり、追い込みの生育に大忙し・・・
年によって発生に差があるようですが
昨年は一部全滅ほど カメムシにボコボコにされました。
今年は今のところセーフです・・・

「つがる」のりんごです・・・
赤みがさせば写真の通り
どこで見張っているのか
まちがいなく、鳥の餌食です。。。。。
み~~んな大変なんです・・・
少ないけれど、袋をかけて守ってくれました・・・。


「市田柿」です・・・
もう少しでピンポン玉くらいかな?・・・
渋いので誰も相手にしてくれません
いずれは、悩みのタネになるまで
静かに秋を待ちます・・・


「西洋梨」です・・・
7月上旬で袋賭けも終わり
こちらも静かに秋を待ってます・・・
先日、わたしで表彰された様で共に嬉しいです。
語りつくせない苦労と試行錯誤の繰り返し
ご一緒しましょう! これからも・・・


2007年08月08日

お盆前、梨の出荷始まりました! «  しごと »

 


 

本日から 幸水梨の出荷が始まりました。

お盆前出荷分は、成長促進剤使用分です。
果形は、十個十色ですが
糖度は 下表のようになりました
大中小で調べた結果です。

赤道面1 12.0 12.0 11.2
赤道面2 11.2 12.0 10.8
上(ほぞ) 10.8 11.2
下(お尻) 11.4 12.2


同じ一個でも糖度の差はあります。
因みに、梨は12.0度以上あれば上のクラスで出荷されます。
果皮は青めに見えますが糖度はのってきました。

 

2007年08月02日

謹んでご報告させていただきます! «  しごと »

 


 

第26回全国西洋ナシ研究協議会が、
8月1~2日、長野市松代町で開催されました。
テーマ
”西洋ナシのバラエティー化と高品質生産について”

ここ松代町は風林火山のクライマックスの地
旬の大地でもあります。


。。。。。。。
その中で、今回、「全国果樹研究連合会長賞」を
当園園主が頂戴致しました。 <m(__)m>
≪業績内容≫
・昭和62年~平成8年まで
 財団法人長野県果樹研究会ナシ部会長として、
 5期10年間長野県内の和ナシ・西洋ナシの生産振興に
 あたる。
・昭和63年の第18回と平成6年の第22回
 全国西洋ナシ研究協議会を
 長野県で開催し主催者として大会を成功させた。
                        。。。。。。。。。。

そんなわけで!?、私も初めて参加させていただくと
お目にかかったことのあるお顔や
お聞きしたことのあるお名前など
私には知っているようで
知らない世界がありました。


どなたも果物作りの向上に
努力されている事例発表をお聞きしながら
励まされ・・・お仲間の心強さを実感致しました。


お世話様になりました、関係者の皆様
また、当園芳果園の西洋ナシ「ル・レクチェ」を
毎年、今年はどう?と楽しみにして下さる
お客様に改めて御礼申し上げます。m(__)m

西洋ナシに魅せられて27年・・・
毎年が一年生です・・・これからも・・・・
いただいた賞に潰されないように
今まで通り、気負わずに
静かに果物たちと語らいながら勤しみ
悩み、自然の厳しさに翻弄されながらも
転んでも々、「今年こそは」と
立ち上がって挑戦して参りたいと思います。

2007年07月29日

同じ一日でも・・・・ «  しごと »

 


 

遅刻早退型と言われた梅雨は明けたのかな?
ただ、私には嬉しい言葉を教えてくれました。
これからも、仕事は遅刻早退型で m(__)m

そろそろ防鳥網の出番になり
今日は息子二人の応援で梨園の網はりができました。
手間とは素晴らしい!!
短時間で、早送りなしでも早いこと・・・
半分以下の3時間ほどで・・。\(^o^)/


次は選挙、投票所へ・・・
「変える」のか「変わる」のか?
一票を投じてきました。

その足で、牛ウナギの今日
家族と焼肉屋さんへ・・・
家で好き勝手に生活しているので
ひとり1900円の食べ放題でも
人に飲まれ、よそ様の食べっぷりに圧倒され
胸ぶくれで満腹に・・・
大頂戴いたしました (T_T)
家族みんな苦手な分野のようです。

少しの余裕で同じ一日でも
ゆっくり時間が流れた~~~~~
快適な時間の流れの中は居心地がいい!! (^^♪

2007年07月20日

ワンダフルな焼肉・・・ «  しごと »

 


 

今日は、恒例の農業交流会の暑気払い・・
内容も、恒例の焼肉・・

今年は、梅雨明けもまだで
炭焼きもそんなに気にならない。
もーちゃには、久しぶりのご馳走だ。。。\(^o^)/


早速 賑やかに始まりィ~~!
??? 白いお餅のようなもの
!!! 市田柿です・・・
三人寄れば文殊の知恵??!!
ひまわりの前沢さんが
「どんなもんだら・・・??」と
考え付かない発想がおもしろい・・
お味は・・・ シーン!!(-_-)


傍らには、ひまわりも無造作に飾られている・・
細やかな心配りが嬉しい・・
・・ただ、残念なことに誰も気付いていない・・・


そんな、ご無礼ざんまいの
ビールは また美味いものです・・・

2007年07月09日

こんなに人気者だったの? «  しごと »

 


 

足早に一週間が過ぎたかな・・・
すもも大石早生の出荷が終わりました。
始まったかな・・・と思っているうちに・・・

足早に一週間の無人販売所も設立
けっこう すももの大石早生・・
もーちゃに負けず劣らず人気者でした・・
しばらく店閉まいかな・・・<(_ _)>


足早の一週間だったけれど
他園のすももを見せていただいたり
それなりに関心を持てるようになりました。↑


すももの大石早生
こんなに人気者だったのかと感心!!


足早ついでに、休みをとって
明日から一泊予定で、ぶらり イン東京します。
気の向くまま、思いついたところに
足を延ばして、自県産の果物に
会いに行こうかなと思っております・・・
その節はよろしくぅ~~・・・・・

2007年07月06日

じゃがいも堀りを横目に・・・ご苦労さん! «  しごと »

 


 

84歳と81歳の義父母
働きぬいて今日を迎え
今も現役の農業人として頑張っています。
真似をしたくてもできるものでもなく
真似はしたくもない・・??!!m(__)m

もちろん、自分たちのペースで
ぼつぼつ、働けるうちは
こうして働いていくのだろうと思います。

今は孫に後押しされて? 「じゃがいも堀り」
臼井原の大地は赤土で
野菜がとてもおいしいのです。

春、蒔く時から作り方を教えてもらい
今年は少し多めに挑戦のようです・・・
孫の働く姿に目を細めながら
共に汗を流しながら
じゃがいも堀りをしています・・・

現在は機械化が進み
荒地も進み
こんな和やかな光景も珍しくなってきました。

じゃがいもと一緒に
一攫千金のヒントがあるかも????・・・
見落とさんように掘り起こしてや!!!(まさかぁ!!)

2007年05月17日

どうしようもないことも あるんだ! «  しごと »

 


 

今朝の新聞の記事に 
「凍霜害・・果樹全体に被害拡大の恐れも・・・」
と、いう記事が目に入り (・o・)
収穫量の減少や、生育ムラによる果形の悪化
品質低下も懸念されている・・と・・

摘果作業もそう順調ばかりではないのです。
我が家も実のつきが悪く
追い討ちをかけるように先日の雹害による
スレの傷ができてしまいました。
悩みながらの毎日でした。
どうしようもない結果に困惑しながらも
今できることに勤しんでおります・・・


昨日今日とファームスティで
大阪市の中学校の子どもたちが見えました。
「若さ」のパワーには羨ましい限りです。


どうしようもないことも あるんだ!
こんな時こそ、捏造した若さで
勝負パンツでも引っ張り出して
ここは園主に頑張ってもらわなくっちゃ!(^◇^)・・と!

2007年05月13日

最初のファームスティ «  しごと »

 

 


 

今年初めてのファームスティ・・
千葉市の中学校から三名ご縁あって
我が家にやってきた・・・
初めての対面に緊張しているのは
どちらなのでしょうか?
軍配は以外と私かも?!
ただひとつの・・私の自信
「年齢!」 みんなには負けないよ!

果樹園農家の今の仕事は摘果作業
根気、継続・・どんなことも一緒です。
また、道端や荒地には
多種多様の生命が我も々と顔を出し歓迎の様!

一泊二日の時間は過ぎてしまえば
とてつもなく早く流れ、楽しみを覚え、笑顔がこぼれ
親しみから名残惜しさを感じる・・・
帰る姿には、これから益々成長していく
余裕が感じられ頼もしい!
体に気をつけて頑張れ!!

 

2007年05月08日

果樹園作業状況 «  しごと »

 


 

真っ白い花のじゅうたんで覆われた梨畑も
新緑の若葉に変わり
梨の摘果作業が始まりました。
今日は、二十世紀梨から・・
なるべく大きくて形のよさそうなのを残します。

初日とあってか?、道行く方々と
次、次っと、おしゃべりの一日・・・
明日からは気合をいれて頑張ります・・
(すみませんが、話しかけないでね! <(_ _)>)

≪写真≫
遅い花の開花もたまに見られます。
その傍らでは、梨の実がこんなに大きくなりました。
蕾から二十日ばかりの間の変化です。
これからしばらくは、摘果作業が続きます。


家庭菜園では、ナスやきゅうりトマトの苗が植えられ、
一斉に大地が動き出したこの頃です。

2007年04月30日

ミツバチ稼業終わる! «  しごと »

 


 

今日は、飯田25.9度で日中は夏日に
桜前線は、青森県へ到着・・・

受粉作業も今日のりんごで最終!
最終的には、4月の低温で平年並みに・・
5日から花とりが始まり、今日まで受粉
梨の花をミツバチより勝る勢いで、花から花へと
飛び回ってきました。

世間一般的には、ゴールデンウィーク・・
お預けしていた「自由」もそろそろ解禁としよう!
近くの公園にはつつじが咲き始め
明日からは五月がやってくる。


中途半端なおばさんの楽しみ方は?
遊び下手 (・・? のせいか
これと言って残念ながら思い当たらない。
山菜とりも、大掃除も、草取りも、読書も、・・
やりたいことも山ほどあるのに
どこから手をつけたらいいのか!?


明日は雨の予報
まさか!? 青森まではお花見に行けそうもないので
山ほどあるやりたいことの山にのぼり始めよう! (^v^)

2007年04月23日

受粉作業 天候不順のため長びく! «  しごと »

 


 

昨日は息子たちのたくましい助っ人に\(^o^)/の予定が
(T_T)、雨のためお休みに・・・残念
収穫が遅い品種から開花が始まっていますが、
西洋梨が半分、幸水がまだの状態です。
桜の開花時はどんなに早いんだろうと
心配しましたが、平年より2,3日早めくらいです。

今朝は雨が上がっても露が落ちるまで待ちです。
辺りの山々は新緑が映え
淡い彩りから、芽吹きの様子が伺えます。
目の保養をしながら読書に没頭中!!
今は、シドニィ・シェルダンの「遺産」
それからどうなるの? それが楽しみで・・・早く~~読も!
とにかく 読み終えるまで夢中!! 
ブック・オフで 何故か?上105円、下350円だった。
さすがに、「両方105円でお願いしたいんですが。」とは
口が裂けても言えなかった。 (^u^)



そろそろ・・・露も落ちただろうか?
雨男の息子たちは仕事・・・
今年はミツバチ君たちも多い感じ
「ブンブンよ!一緒に頑張ろう!」・・・
同業のようで、とても近親感を覚えながら
受粉作業に精を出す・・・・

2007年04月16日

梨の受粉始まります «  しごと »

 


 

予報通り、午後から寒い雨・・・
毎年、受粉頃になると連日、霜と雨の心配

近隣の環境で、開花も昔と違って来ました。
収穫の遅い品種から花の開花が始まります。
豊水が咲き始め
受粉作業は雨上がりの18日ころの予定です。

遅れ々の剪定作業も、りんごの仕上げがあと少しです。
仕事も、ようやく春を迎えます。
今日は花の様子を見回りながら
今年の無事を祈っております。


かわいらしい花が、本当に健気に咲いております。

芳果園のホームページも
トップページのリニューアルと共に
レシピ集の充実に挑んでおります。
花は散っても実を結ぶように
勤しみながら、励まされて頑張ります m(__)m

2007年04月04日

慎重が何よりです! «  しごと »

 


 

春雷と共に
春の使者 「黄砂」が中国大陸から偏西風にのって
一昨日は、南アルプスもかすんで見えなかった。

また、今朝は氷点下の冷え込みとなり
日影のヌカルミには薄氷が・・・
大地は白く霜に覆われ
果樹の開花を前に心配の四月のスタートとなった。


私もワンちゃんたちのお世話からスタート!
散歩のせいか、膝から下が痛くなってしまった。
私を待ちわびていたワンちゃんたちも
いつもの生活に戻り
夢のような幸せな三日間をなつかしんでいることでしょう!

追い討ちをかけるように 
ZZZ・・・春眠ではありません! 
畑、到着寸前・・・ 車をすってしまいました。 
気が付きながら前進したため、痛い目に・・・アァ (-_-;)
何でも前へ進めばいいってものではありませんようで・・・残念!


 写真
昨年、開花時凍ってしまい、壊滅状態でした。
今年も心配です。

2007年03月04日

梅の剪定 «  しごと »

 ビフォー  アフター

 


 

今日から畑が移動になった。
この畑では一本の梅の木が畑の隅にあり
3年ほど前から私が剪定をしている・・
どうでもいいから気楽にできるのが一番・・
でも、毎年の手入れの甲斐あってか木に活気が感じられる =^_^=


主幹を生かして全体に陽が当たるように・・
あまり上へ伸びすぎないように・・
来年の姿を絵に描きながら・・
梅はならなくてもいいから・・
適当に切ってみた・・
少し離れて見ると、いろいろが見えてくる・・・
・・・ん~~~ ン・・・なかなか大したもん・・


大切なことは、人にも結構当てはまっている。
人生相談にも役立ちそうだ・・


盆栽の趣味もいけそうな気さえ・・・(^v^)
凡才が盆栽かぁ。。。。。
言われる前に言っておこう・・・(゜レ゜)

2007年02月23日

剪定作業中です «  しごと »

 


 

鋏と鋸の音が静かに聞こえる・・
この暖冬に木々が休眠から早く目覚めると
樹液の流動が始まり寒さに弱くなってしまうので
春の凍霜害を心配しながら
冬の足踏みを願っている。

畑の周りに植えた水仙も芽を出し
早いのは、つぼみも膨らみだしてきた・・・
絵に描いた畑がもう少しで現れそうだ!
(足踏みを願い、到来を待ちわびている!何か変?) (・・?

人から見れば私もプロフェッショナルな農業婦人
・・・のようだけど、枝を見分けるのは難しく
なかなか手を出せない
(・・・もーちゃもずぅっと充電期間中あり (-_-)zzz ) 
剪定後の枝を棚に付けながら
実りの秋に向けて、祈りながらの作業が続いていきます・・・

2007年02月21日

賞味期限が切れました! «  しごと »

 


 

本日で!! ありがとうございましたぁ!・・
賞味期限が切れました!m(__)m
(もーちゃの賞味期限じゃないんだって!)
(私?まだ、少し残ってますわよ! ホホホ)
市田柿です。
不二家さんの問題や、食品加工品とあって
気分的に心配の日々でもありました。

「のどもと過ぎれば熱さ忘れる」・・
そんなことがないように、反省や失敗は( ..)φメモメモ
この秋も、前向きに頑張れそうです<(_ _)>
(どうかな?かなり凹んでました!)

写真は「芋干し」でっす。
たくさんできたので、商品になってます。
お陰様に人気で ^_^; 特別追加注文までも・・・
この賞味期限は二週間にしました
お早目が一番かなと思って・・・
(番外編の作物なのでプレゼント用もとっておいたのですが
 何故か一番人気 (?_?) 
 とにかく、美味しすぎてどうもすいませ~ん!(^v^))

2007年01月26日

干し柿今年の最終出荷 «  しごと »

 


 

AM10時出荷組合へ
干し柿、今年度の最終便だ・・・
検査のレールに乗った

約2ヶ月間賑わった この集荷場も
静かに終わりを告げているようだ。

自然相手に作り上げることの難しさを
年々感じるようになってきた・・

まったくの渋柿がいくつかの作業の行程を経て
おいしい干し柿が出来上がることに不思議を覚える。

出荷された干し柿が、どこへ行くやら
自然は思いもよらぬいたずらをすることも・・・
無事を祈りながら、見送った・・・

2007年01月24日

果物情報 «  しごと »

とっておいた西洋梨ル・レクチェ、今日撮影しました。
画像はみんな 良さそうですが傷みだしたのもあります。
試食してみると結構おいしくいただけました。
長持ちする品種ではありますが、
嬉しい気持ちも含めてカメラに収めました。

10月半ばに収穫してから追熟を終えて今日まで
長~いお付き合いでした。
ババロアにして、いただこうと思います。

十人十色、柿も十色  (1月20日撮影)
干し場所でずいぶん仕上がりも変わります。
むいた当初から32%くらいになります。
大小いろいろ、おろした時期で粉の状態も違います。

理想のイメージが高くなればなるほど
私の方が干しあがってしまいます (ーー;)
そろそろ終盤・・・
たくさんの反省点 問題点 改善点 ( ..)φメモメモしました


2006年12月21日

果物情報・・辺りはクリスマスの模様 «  しごと »

 


 

あちらこちらにクリスマスのイルミネーションが・・・
私はひたすら、出歩くのも控えて柿の手入れに余念がない!
感染性胃腸炎ノロウイルスが猛威をふるっているとのこと。
食品を扱っている最中なので、もう少し我慢!

 
☆「ふじ」
お陰様をもちまして ほぼ完了です。m(__)m
この産地は 小玉傾向に悩まされましたが
濃厚な味で喜んでいただくことができました。
ありがとうございました。

 
☆「ル・レクチェ」
こちらも、完了になりました。 m(__)m
苦節何年と申し上げたらいいのでしょうか?
主人が西洋梨に魅せられて25年。・・・ 
いろいろありましたが、皆様に支えられての今日です。
食べ頃を迎えての発送になりますので
ご迷惑も多々お掛けしてしているものと思います。
ありがとうございました。

 
☆「市田柿」
ただいま奮闘中です。
12月9日頃の仕上がりが悪く (T_T)
途中の雨に遅れてしまい、これからと思ったら、12月も終盤に・・・
大変ご迷惑をおかけ致しております。

やっぱり 年頭でも申し上げましたが
私のクローンちゃんが欲しい! 確かに!!
365日+一週間が欲しい! それも確かに!!
私のずうっと言い続ける願い事かもしれません。

2006年12月17日

果物情報  ・・干し柿が・・・ «  しごと »

 


 

・・時間よ止まれ!・・
・・あした天気になあれ!・・
・・どうなるんだろう?・・
柿と私の心境です。

天気予報は明日氷点下
寒さが厳しくなる・・との予報 ホントだったらヽ(^o^)丿

作る私も悪いが、天気も悪い!!
柿がストップ状態です。
予定はこんなはずではなかったのに!
慌てれば失敗の連続です・・

お待たせ致しております・・
申し訳ございません・・ m(__)m
失敗は成功のもと・・?! 
イエイエ!この頃の私には ↓
失敗は次から次へとやってくる・・ です (ー_ー)!!

2006年12月09日

果物情報  «  しごと »

 ☆「ル・レクチェ」
 食べ頃を迎え、お届けさせていただいた「ル・レクチェ」も
「おいしい!」と好評です。 m(__)m
(写真1) 袋から出しながら、選別 荷作りです。
お陰様に糖度が高く とてもおいしいです。
食べ頃を迎えての発送は 心配も多いですが、
様子を見ながら 味と香りをお楽しみ下さい。
甘みと舌触りが何とも言えませんね。

 ☆「市田柿」
カラッとしない天気と雨に遅れ気味です。
なかなか乾きません! (T_T)
あわてて下ろしても、粉がきません。
焦りながらも「待て!」の状態です。
お待たせいたしますが、よろしく m(__)m
最初(写真2)は、粉が出始めましたが、小さめからです。
年内のご予約は ほぼいっぱいです!ありがとう m(__)m

 ☆「ふじ」
ご予約の発送は今年度の終盤に入りました・・
三種類(写真3)の詰め合わせです。 
 もう少し玉伸びしてくれれば(*^。^*)・・・ 欲張りでしょうか!?
「今年の『ふじ』はおいしい!」と言ってくださいます。
毎年おいしいつもりですが、もう私の心はすでに
来年の心配が始まりました。

もう ひとふんばりの頑張り時、
こんな時に 園主風邪をひく・・・(-_-;)
確か、昨年もひとり突然ひいていました・・
風邪ひき恒例なわけ?って感じです・・・
とりあえず、早い回復を!


2006年12月05日

果物情報  今年の状態 «  しごと »

☆「ふじ」
たいへん濃厚な味に仕上がりました。
不安な年は、バケツいっぱい切っては味見ですが
今年は何とかクリア!! (^v^)
 糖度結果
左から、おいしそうな小、 中、  加工用から2個選びました。
おしりの地色でだいたい見分けています。
写真手前の糖度計で計りました。
上、下側の2箇所果肉を切っての検査結果
(上側)  14、8    15、8    12、2    15、0
(下側)  15、4    16、4    13、0    15、8


 ☆「ル・レクチェ」
4日から発送始まりました。
ご予約の皆様、お待たせ致しました。
少しの青みがあっての発送です。
食べられますが、お客様の方がすでに分かっていただいてます。
今年は様子を見ながらゆっくり楽しんでいただけると思います。
が、環境によって左右されますので気をつけてあげて下さい。 m(__)m 
 糖度結果
適当に2個選びました。
ふじと同じように 上(ほぞ側)と下2箇所です。
(上側)   17、8    16、0
(下側)   18、6    16、8

糖度結果からしても糖度の高めの年です。
西洋梨はまだ、高く変わると思います。(欲深く期待!)
数値でもお分かりいただけますように
0、6から0、8の差で下側の方が甘いことが分かります。
太陽にあたっている上側の方と思いがちなのは私だけでしょうか?(^・^)
糖度と蜜とは関係ないようですが
味覚とは目でも感じるのでしょうかね!?
蜜入りの年は気楽に語れますが、
悪い年の言い訳も考えておかなければなりません <(_ _)>
ただ、小さく減収には参りました!

2006年12月01日

果物情報  発送 始まりました! «  しごと »

☆「ふじ」
今年は開闢以来の減収となりました。
春の開花時の凍霜害、7月生育時の長雨による生育不良
救われたのは、味でした・・・
たいへん濃厚に仕上がり いくらか安堵!です。
収穫、選果、発送直前と何度も見直して送り出します。
仕事仲間には笑われますが、精一杯の私です。(^○^)
それでも間違いはあります・・
人間だから・・・ m(__)m

 ☆「ル・レクチェ」
11月27日より2週間 新宿 『京王百貨店』 ギフトコーナーにて
販売していただいております。
西洋梨は食べ頃が難しいので、
食べ頃を迎えてからの発送になります。
もう、そろそろです・・
何しろバナナより デリケート!!
今のところ順調です・・・
が、毎年 心配です・・・

 ☆「市田柿」
吊るしてあったのを おろし出しました。
そんなに うまくばかりはいきません。
自然の中で干しあがっていくものなので
天候には最も左右され、どうしようもない時もあります。
これから、2,3日陽に当てて
コロコロ揺すって お子守りしながら
粉出しを待ちます・・・


『ご注文、ありがとうございます m(__)m
 このページを見ていただき問い合わせていただいてもおります。
 個人情報やら、まだ勉強不足で前へ進めません! <m(__)m>
 自分のできる範囲で、この手で、この目を通して
 お届けさせていただいております。
 御用の方はメールでもいただければ幸いです。

 私もいくらか 強くなりました!
 実は発送が始まると、師走無気力症候群になってしまいます。 
 不安と心配の連続です・・
 顔で笑って、声で元気そうにして、心はブルブルです。
 皆様に感じとられないように頑張ります!!』
 (*^。^*)

2006年11月25日

果物状況・果物たちのつぶやき «  しごと »

  1

☆写真1は皮むき後26日目のわたし!
「22日までで柿むき完了しました。
 むきたてホヤホヤから 最初のは40%になりました。
 天気が不安定のため、毎日心配してくれます。
 重さを量ってはため息! フーまだ!?
 もーちゃと同じです・・・(^v^)
 寒い風が欲しいです・・・」

  2

☆写真2 西洋梨レクチェの今
「室内は甘い香りに包まれています。
 香りをお届けできないのが残念です。
 グリーンがぬけて 黄色くなってきました
 そろそろ 食べごろを迎えます。
 暖かければ早いし 寒すぎてもダメ
 わがままなわたしではありません。
 デリケートなわたしなのです。
 もーちゃと同じです・・・(^v^)
 まだまだ、心配の毎日です。」


  3

☆写真3 紅葉のキャンパスの中で・・・
「一日中 陽を浴びて
 小鳥のさえずりの中で収穫を迎えました。
 今年は心配が的中とのこと
 果物には最後まで大変な一年の締めくくりです。
 着果量が少なく 小玉・・・
 たいへんな減収となりそうです・・・(-_-;)
 ただただ救われたのは、おいしい (●^o^●) ってこと・・
 悩むこと止めました・・  それだけです・・m(__)m」
 

2006年11月17日

対側から見た梨園 «  しごと »

 


 

11月も半ばを過ぎ
天候を気にしながら、ひたすらに柿の作業の毎日・・
寒さも感じるようになり 仕事的には嬉しい!
明後日から天気が崩れるという予報が怖い・・

「殿岡の匠」へお蕎麦を食べに家族で出かけた。
車で2.3分、梨の畑の対側になるところ
あんなところに何ができるんだろうと思っていたら・・・
そば処だった。


そこから眺めた風景のまん中に紅葉した我が家の梨畑が・・・
左端のお宅があっただけなのに・・随分変わってきた
裏も山だったのに、一軒二軒と・・
カブトムシをよく捕りに行ったのに・・

畑の見える景色を見ながら、お蕎麦をいただいた・・
もうすぐ落葉し、年明けには剪定が・・
春には真っ白い花のジュウタンに・・
茂った葉の下には梨が実り秋を告げる・・
私も一緒に四季を語って行きたい・・

「お~~ぃ!」 と叫んでみた・・
「お~~~ぃ!」とかえってきた・・ヽ(^o^)丿

2006年11月10日

果樹園のつぶやき «  しごと »

  今日の干し柿の様子です・・・

干し柿作りの真っ最中です。
10月31日より始まった柿むき
むき始めから、ただいま67%になりました。
「毎朝、おはよう! いい感じかな?と声をかけてくれます。
 頑張れ!頑張れ!と 毎日気合を入れられます。
 実の縮む思いです。嬉しいのか悲しいのか実が縮むほど喜ばれます。」

  冷蔵庫内のル・レクチェ コンテナ内は静かに追熟中の様子

西洋梨 ル・レクチェは 冷蔵庫に入ってから半月以上に・・・
「お陰様に、我慢のかいあって最近寒さも和らいできました
 これから だんだんと外気温に慣れるリハビリ期間に入ります。
 顔色はまだ黄緑状態です・・・
 ぼつぼつ、もーちゃと一緒 熟期を迎えます・・・」

  昨日試食しました。 もちろん100%とは言いませんので・・

りんご、ふじの現在の様子は・・
網の隙間を見計らって、鳥が入っています。 (・へ・)
毎年のことですが、遠慮なく突いてくれます。
「この時期になると蜜は入ってるか~と、厳しい視線!
 たまにやってきては、試食されます。
 今年? 小玉傾向で、品薄らしく
 ますます、期待が大きい気配です。」

味は結構、濃厚になってきました。
今年の果樹関係は、病害虫、小玉と最後まで悩まされそうです。


 

 


 

 

2006年10月25日

南信州くだもの倶楽部、出荷反省会 «  しごと »

 


 

梨の出荷も終り、収穫の秋は足早に過ぎて行く・・・

市場関係、肥料会社の皆様をお招きして
出荷反省会が行われました。
栽培方法にこだわり、手探りで4年目を迎えることが出来ました。<(_ _)>

来賓のご挨拶の中に 「ロハス」という言葉がありました。
最近、聞かれるようになりました、私には・・
この頃は何でも頭文字をとったり、短縮したりと
犬ではありませんが、おりおり首を傾げる言葉に遭遇します。
「ロハス」 → 「Lifestyles of Health and Sustainability」
自然環境への配慮、
安全でおいしい食にこだわったり、
健康的に心地よい暮らしを目指したりと・・・そんな意味あいです。


とにかく、少しでもいい結果を目指して日々努力! 
と、園主に申しました! (^v^)
梨の木々は 来年に向け静かな時を過ごしています。


私のライフスタイルは、それにスローライフがプラス!
そんなことは、どうでもいいから 柿とり頑張れ!<(`^´)>

2006年10月19日

再会 大きくなりました! (ファームスティ) «  しごと »

 


 

5ヶ月ぶりの再会です・・・
成長盛りの子供たちとあって、心身共に大きくなりました。
瀬戸市の野外学習グループ4班の仲間たちです。

再会の実現とあって、顔を見るなり安堵の気持ちでした。


畑は春から秋の収穫を迎え、
りんごや柿は色付き始め、秋の装いでお迎えです・・・
大地には、冬を前にいろいろな野菜の行列・・
それぞれの野菜特有の持ち味があって おいしいお鍋料理が・・
子供たちも それぞれの持ち味に自信を持って
素敵なクラスメートの一員として頑張れ・・・!!

3時間という短い時間のため
ゆっくり子供たちと向き合って話をする時間もなかったけれど
いつしか、あどけない顔に戻って帰路についた・・・


2006年09月28日

ファームスティ! «  しごと »

 


 

武蔵村山市立第五中学校二年生の皆様

大きな荷物に不安と緊張も詰め込んでやってきた。
言葉はなくても顔に書いてある・・・
それが時間と共にほぐれ、穏やかな顔つきに変わってくる。

選果場で梨の最終の出荷を体験し、次は
夕食の野菜の調達に 大根 さつま芋 サトイモ 長ネギと・・・
実は野菜作りは、祖父母の仕事
長年培ってきた経験は誰よりも勝り
大地と共に 心も耕してくれている・・・。


そこに見えている野菜さえ、収穫にもコツがいる
子供たちと同様私も体験中のようなもの!(ーー;)
そんな食事は胃袋を震撼させられる。

親戚以外の初めての外泊、 農家の人とうまく接する事ができるか
自分なりに分析して、頑張る姿がとてもけな気に感じるのです。

一泊二日の体験は、あっという間に過ぎ、
無事、お返しできることに ほっとして
また、子供たちの健やかな成長と幸せを心から祈った・・・

2006年09月25日

梨の収穫終了! «  しごと »

 


心配した後半の天気もお陰様にそんなにくずれることもなく
終了を迎えられるところまで来ました。

やれやれと思いながら、自分の用を済ませて仕事場へ・・・()
『アッ! ハサミを忘れた!』 (ーー;)
梨とりの大切な必需品を・・・ 
今さら 始まったことでもないけれど・・・
サンダル履きで 出かけたり、
手袋が右手ばっかりだったりと・・・
結構 自分ひとりで笑いをとっている・・・ (^u^)

早速、網を片付け出した。
秋は足早に過ぎていく・・・

 

2006年09月12日

梨の贈答大忙し «  しごと »

 


 

収穫が始まってから 収穫 出荷とほぼ一日おきのペースで
九月末まで続きます。
傍らには、バランスボールが まん丸顔で暇しています。
何回お世話になったのでしょうか? (ーー;)

出荷は 選果場で選別しそれぞれの行き先に送り出します。
今年は 受粉時から凍霜害に見舞われ着果が悪く
病害虫のカメ虫の大発生と重なり全国的にも減収の中、後半に入りました。


やはり 梨のおいしいいただき方は 芯をしっかりとることかな。
豊水は、いくらか酸味がありますが大変瑞々しく とても好評です。

我が家の贈答もお陰様に ご注文いただき m(__)m
昨年からのオリジナルの 「ツーリー」のダンボール箱も
すっかり我が家の顔として 皆様のところへと贈らせていただいております。
贈答品は 私が一番 ぞうっとしながらの作業ですが
緊張感を持続しながら頑張らなくっちゃ!!
そんな毎日の私です・・・


2006年09月07日

豊水梨のつぶやき! «  しごと »

 


 

自然の成り行きで収穫期を迎えました 『豊水』です! _(_^_)_
残暑も終盤に向かう 九月が勝負です・・・
名前の通り 大変瑞々しい梨です!

四月の花の開花は収穫が遅い方が早いので、
紛らわしいけど 早いです! 順番よくじゃあないの!
ひねくれてるわけでもないの! これも自然の成り行き!


今日は 選果場で色合わせ!
収穫の色み具合、形はどうか?、病害の有無、など
好き勝手に 評価してくれる (~_~;)


梨にだって言い分はあるんだ!
大地が乾けば ひと雨も欲しい!
台風がくれば 必死で風雨の中耐えているんだ!
たまには、うまい 高価な肥料もいいなあ!
まあるく大きくなあれ!って言われる前に そう育てて欲しいよう!
おまけに もうひとつ・・・
秀 優 良 L M S・・って差をつけてくれるけど
そういう皆様にも 結構あるんじゃないの! 
・・・違いの分かる梨ってとこかな!!


やっぱり 梨は梨!
うまそうに 食べられたいんだ!!
m(__)m

2006年08月26日

今年の夏は梨を追っかけた?! «  しごと »

 


 

幸水の収穫も先が見えてきた
梨にしてみれば、慌ただしくもぎ取られ出荷されていく。
毎年、収穫におわれてしまうのに
今年は梨を追っかける感じ・・・

なぜなら 面積の3割ほどは 発育促進剤で盆前出荷に・・・
そこへ 春の凍霜害 病虫害 小玉傾向となり
全国的にも減収になったらしい・・・

確かに近くのお店でも高値がついている
暑い日に 冷した梨はとてもおいしい!  夜はビール! (^◇^)
旬の食べ物は季節を彩る

ひとつ々 収穫の重みを感じながら精を出す・・・
次は豊水と順に続く・・・
大地からの贈り物に感謝しながら・・・

2006年08月09日

突然の開店です!! <(_ _)> «  しごと »

 


 

私のささやかな無人販売 本日開店致しました!
知る人ぞ知る 安さ! おいしさ! お得さ!
残念ながら行列ができるほどではありません (・・?
数に限りあり・・・
県道沿いのため やたらに止まらないで・・・
等‥ 問い合わせには お願いしています。

大した縁起ではありませんが、
八月八日、末広がりにあやかって、昨夜遅くに設置しました。
怪しく思われた方もいたことでしょう (__)


 
所長 挨拶
開闢以来の盆前の開店と相成りまして、
ふるさとへ帰省される皆様
そして、年に一度の ご先祖さまの御帰り・・・
何よりも心のこもった おもてなしのお手伝いにと
突然の開店の運びとなりました m(__)m

何ゆえ、100円というお安さ 選外品にはなりますが
地場産の旬の味をお楽しみ下さいませ。

追伸
一日限定10~20個のため かなりの競争率のようです?!

 

2006年07月30日

選果場の無人販売所 オープン迫る! «  しごと »

 


 

お待たせ致しましたァ・・_(_^_)_
明日よりオープンです。
9月末までの約2ヶ月間の期間限定のささやかな無人販売所です。


12件の農家が採りたての果物を
一袋200円にて販売させていただいております。
お陰様にほとんど毎日完売です。m(__)m

販売所は、1時間くらいで完成しました。
その間にも、待っていて下さったかのように
声をかけていただいたり、徐行されたりと元気をいただきました。

無人販売所ですので、いろいろ問題もありますが
喜んでいただけるお客様を思い浮かべながら頑張ります!


さあて! 明日から
桃」が店頭に並びます。
大地からの贈り物  旬をお届け致しまあす・・・!

2006年07月27日

暑っ! «  しごと »

   農業交流会議暑気払い

 


 

梅雨明けも間近かな。

こんな暑い日は、炭をおこして焼肉も またいい!
今日は農業交流会の暑気払い!
顔なじみになってきた仲間たちは食も話もはずむ。( ^)o(^ )

今日の新聞には 「米国産牛肉 来月初め 輸入再開」
 政府 きょう正式決定 とあった。
昨年12月の輸入再開 今年1月再停止して以来約半年ぶり。


問題が起こるたびに、多くの家畜が犠牲になることが悲しい!
牛の優しい目を思い出せば心が痛んでしまうのは私だけ?
仲間にも酪農で頑張っていられる方もいる。


『食育』
 ということばをよく耳にするようになった・・・
「食育基本法」が昨年7月に施行されて1年
食生活の改善、食文化の伝承、地産地消の推進
当たり前のことばがこの頃では重要視されている。

私も一時期 「包丁とまな板がいらない生活が来る ・・」 (*^^)v
そんな言葉の現実の到来を楽しみに夢見たひとりでもあるけれど・・
「そんな時もたまにはいいね。」 に訂正した方がよさそうだ。
『食育』とやら、深く考えなければならない大変な時代になって来たようだ。

フー!  暑っ!
たくさんの命をおいしくいただいた。
感謝の気持ちで夏を乗り切らなくては申し訳ないですよね (^_-)-☆


2006年07月25日

東京市場視察と屋形船 «  しごと »

 


 

AM11時過ぎ 築地の市場へ到着!
リフトや車が忙しく行き交ういつもの光景だ。

車のナンバー(松本)を見るなり市場の方が
「災害はいかがでしたか?」 とご心配いただいた。
心の行き交う瞬間だ! m(__)m


梅雨のため、野菜は高騰 果物も物によっては不作のものもあり
収穫を終えるまで どこも心配が続きそうだ。
梨の出荷も間近になり、果物の発育も追い込みを迎えている。
出来る限りの手を尽くすしかないのかな? やっぱり!


私は毎回お馴染みの玉子焼きとプチ豚マンをお土産に山ほど買い求めた (^u^)


それから、大田市場へ・・・
梅雨のためスイカの動きが悪いということ (/_;)
早く暑くなって みんなでガブガブとご馳走になろう!!おいしい~~ヨ~!!


お楽しみに屋形船に乗って隅田川を遊覧した。
見上げるビルというより
見下げたれた自分の小ささに ため息が出てしまった (私らしくなく暗かった!)
海抜ゼロに近い高層ビルの住み心地はいかがなものなのでしょうか?
ひょっとしたら、私はこちらの方がお似合いかも・・・ウヒヒ!
ひとときの空想は私を錯乱させた。


船上のビールも 揚げたての天ぷらもおいしかったこと・・・
3時間の遊覧を楽しみ東京の夜景に別れを告げた。

ア~ 明日から 畑が待ってるぜ~~ ガク (ー_ー)!!

2006年07月23日

強い! 生命力 «  しごと »

 


 

本日の気温 34.1℃ どうも暑かった!
りんごの袋かけも終盤にさしかかってきた・・・

発見! (゜o゜)
何の鳥だか、孵化してから日も浅いのか 赤肌が弱々しい二羽のヒナと一個の卵・・
『あら! かわいいねぇ。』 の声に親鳥と思ったらしく
口を大きく開けて 餌を待つ姿があった。

今年のような梅雨の中でも、
雨にも負けず 風にも負けず 夏の暑さにも負けずに 小さな命が・・・

巣も今を象徴しているのか
ビニールのひもなどを交えて営巣されているのを目にする
丈夫なのが分かるのだろうか? それとも多く手に入るのだろうか?
とにかく上手くできている巣には感心!!

巣立つまでは、天敵がいっぱい!
元気よく巣立って・・・

・・・悪いけど、秋にはりんごをつつきに来てはいけないよ!
『わかったかな?』
親鳥が心配しているので、手早く近くの袋をかけ終えた・・・

い! 生命力強い! 生命力

2006年07月07日

すももとカブトムシ «  しごと »

 


 

今年のすももは、 四月 花の時期に霜のため実がつかなかった。
自然のタイミングは、あまりにも意地悪な時もある。
こんな時は 物は悪い(/_;)が 味はうまい(^v^)
まあ、いろいろあるってとこかな!!


夜、 明かりに向かって 突っ走ってきた・・・スモモの時期と言えば
直感的に[カブトムシ!?]
小さな子供がいれば大変な訪問者だけれども )^o^( ・・・
大人の我が家は、真っ赤なすももの皮をむいて もてなした。
かなり、お気に入りの様子で食べ続けた。


子供たちが小さい頃は、よく捕りに行った。
びっくりするほど、クワガタが捕れた時もあった。
喧嘩するほど、賑やかでお世話も大変だっタ。
うっかりすれば、ホットケーキにかけてしまいそうな樹液・・・
パクっと口にしてしまいそうなゼリー・・・
住まいもこだわれば 結構オシャレなミニチュアの自然が・・・
ホームセンターで間にあった。
それでも、元気なうちに山へ返すことは忘れなかった・・・


子供じゃなくても、いつまで眺めていても飽きない魅力はやっぱりこの雄姿!

朝になっても すももにかじりついていた。
せっかくの雄姿も、「腹が減っては戦が出来ぬ」感じ (-_-)
気にいっていただいた すももと一緒に山へ送り届けた・・・フゥ~

2006年06月08日

幸せの四葉のクローバーの皆様へ «  しごと »

 


 

神戸市立白川台中学校三年生・・・愛らしい4名の皆様

最初に・・・
一緒にみんなで公園で見つけた四葉のクローバーです・・・
しおれてダメかと思っていたら、こんなに元気になっていました。
これはと思い、庭の可愛いひまわりと活けました!
弱々しいクローバーが、みんなのパワーに後押しされて立ち上がりました。
「向日葵」と言えば、太陽を追って花がまわるという伝説があるように
夏の眩しいほどの太陽の下で悠々と咲き誇る花!
みんなにお似合いのような気がして・・・
傍らには、摘果した西洋梨がおいてありました。


修学旅行のスローガンは 「最高の思い出を心に刻もう」 ということ・・・
話し合いの場に私もいたような錯覚におちいってしまったのだ。
笑顔も明るさにも負けない自信はあったのに参りました m(__)m


こちらは順番を待ちながら果物たちが、私を待っていてくれます。
嬉しい (・・? 限りです。
まだまだ 摘果作業は続きます。今の季節をかみしめながら!!


最後に・・・
素敵な〇〇見つかりますように・・・
エッ?! 違うょ! ・・・中学三年生だから  「進路」 だよぉ・・・
それから 「心は セレブ」 それは私ですぅ~~! ☆彡

2006年06月05日

ファームのおばさんに・・・ «  しごと »

 


 

枚方市立楠葉中学校 三年生・・・

祖父は枚方へは 昔二度ほどお邪魔したということで
ひとり 30年も前のことから話し出す。
私たちには ついこの間のような話でも 子供たちは 14,15歳だ・・・
10年一昔というけれど、昔なんてこの間の出来事のように思える (T_T)

明朝帰るということで、気持ちばかり先行してしまっているのは私だけ?

今日の体験場所は、県道沿いなので車の排気が気にかかる。
畑は昔のままでも、辺りが変わってきた・・・

それから梅採りに・・・
子供たちには うめェ話ではなさそうだ・・・
早春 梅は香気が高く、私にとっては 春の使者のひとつともいえる花
実を結んだ梅の木からは、安堵感を感じる・・・


店頭で果物を見かけたら、また思い出してね・・・

2006年05月29日

ファームスティ! 順調です。 «  しごと »

 


 

枚方市立渚西中学校の三年生で~す。
いつも思うことは、ご縁の不思議!
数回の受け入れの中で、我が家へ・・・
感じているのは、私だけなのだろうか?

中学三年生ともなると、私には随分と子供だけれど
みんな 心身ともにソフトでたくましくもあり 幼さも・・・!
このアンバランスが、若さを感じる・・・

伝えたいことも、山ほどあるけれど時間だけが流れる気がしてしまう・・・
生活のほんの一部 共にしながら 語り、笑い、体験し、食する。

畑じゅう、走り回ってコンヒューザーをつけたこと・・・
果実の幼果の状態の説明・・・
面と向かって話をするより、作業でもしながらコミュニケーションをとっていく。
こんな時ばかりは、いつものいい加減な私は棚の上に置いてっと・・・
でも、何故か子供たちの見る目は鋭く棚の上の私まで お見通し (^・^) なのでは・・


それぞれの 大きな夢に向かって頑張れ!!
大丈夫(^^)v 応援してるよ・・・

2006年05月26日

竜丘交流会総会 «  しごと »

 


 

竜丘農業交流会の総会が行われました。
5年目を迎え、親睦を深めながらここまでたどり着きました。
とても 和気藹々のグループです。

全てに言えることかも知れませんが、
農業をとりまく環境も現状もだんだん難しくなってきました。


食品衛生法の農薬残留基準にポジティブリスト制度(一律基準) が施行されるということ
今まで残留基準が定められていなかった農作物にも同じように設けられたというわけ。

・・・・・私には???では困ることもあるのです。
基準より少しでも農薬散布回数を減らし、安全には充分心掛けている・・・
自分の農園で作っているものは当然のこと・・・
要するに、近接する作物・河川・住宅などに 飛んでも飛ばされても困る・・・
ということで、今まで以上に気をつけていかなければならない。


同じ、悩みや心配を心から分かり合える
そんな、大切な仲間たちのグループだ・・・
今日は、ゆっくりと楽しく、ご馳走になろうっと・・・(*^_^*)

2006年05月23日

ファームスティ ようこそ!我が家へ «  しごと »

 


 

はあい! 初めまして・・・
「ようこそ・・・」
ポンポンの荷物を抱えて 
大阪から一泊二日の 農業体験の修学旅行で我が家へ・・・

子供たちにとっては、初めての知らない家で 初めての体験
自己紹介して、早速 畑へ出発
子供たちはすぐに慣れてくる・・・
中学三年生という多感な気配は感じられない!

梨の摘果作業にわらびとり
一緒に夕食の支度をして、夜の散策へ
与えられた時間はスタートと同時に刻々と過ぎていく
・・・

子供たちと私たちだけの合言葉は 『竜丘の竹の子族』だ。
急斜面の下に竹の子を見つけると
「行ってもいい?」の問いに
気をつけてと心配する間もなく、一気に飛び降りて行った・・・
フー!!ころばなくてよかった (^。^) 
〔わんぱくでもいい! ケガをしないで過ごして欲しい!!〕 と思った。
〔そうだ! その意気で頑張りな!〕・・・

あっという間の二日間
帰りの時は早い・・・
健康でたくましく 長い人生を約束して
ポンポンの荷物に思い出を添えて我が家を後にした・・・

2006年05月15日

ファームスティ ようこそ!我が家へ «  しごと »

 


 

はあい! 初めまして・・・
「ようこそ・・・」
ポンポンの荷物を抱えて 
大阪から一泊二日の 農業体験の修学旅行で我が家へ・・・

子供たちにとっては、初めての知らない家で 初めての体験
自己紹介して、早速 畑へ出発
子供たちはすぐに慣れてくる・・・
中学三年生という多感な気配は感じられない!

梨の摘果作業にわらびとり
一緒に夕食の支度をして、夜の散策へ
与えられた時間はスタートと同時に刻々と過ぎていく
・・・

子供たちと私たちだけの合言葉は 『竜丘の竹の子族』だ。
急斜面の下に竹の子を見つけると
「行ってもいい?」の問いに
気をつけてと心配する間もなく、一気に飛び降りて行った・・・
フー!!ころばなくてよかった (^。^) 
〔わんぱくでもいい! ケガをしないで過ごして欲しい!!〕 と思った。
〔そうだ! その意気で頑張りな!〕・・・

あっという間の二日間
帰りの時は早い・・・
健康でたくましく 長い人生を約束して
ポンポンの荷物に思い出を添えて我が家を後にした・・・

2006年05月01日

今日から五月・・・ «  しごと »

 


 

四月の気温の低さで、長引いた果物の授粉作業も今日で終了 ホッ (~o~)
世の中 ゴールデンウィークとやらで
あちこち 賑々しく楽しんでいる感じ!!


農家の授粉作業は ゴールデンワークウィークとでも言えるのでしょうか?
肝心要の作業に当たります。
天気の心配・・
祈る思いの毎日の中
後は 運を天に任す状態です・・・


今年のゴールデンウィークは、行楽日和ということ・・・
今日から五月・・
風薫る 新緑の季節を満喫しなくては・・ 
今日から私は・・
ゴールデンハーフウィークに入るとしよう・・・(^・^)

プロフィール

カテゴリー


-----------------------------------
芳果園のブログサイトでは
RSSによる更新内容の配信を
行っています。
RSSリーダーなどに
登録することで更新を
いち早く知ることができます
-----------------------------------
ご訪問ありがとうございます